合格者の声

2019年度合格者からのメッセージ

Photo [MBA]
お名前:T.M.さん
合格校:Tsinghua MIT Global MBA
入学校:Tsinghua MIT Global MBA


1.留学を志したきっかけ

・コンサルタントへのキャリアチェンジ、キャリア形成市場のチェンジ
・中国市場への進出願望
・海外勤務時にマネジメント能力の必要性を実感

2.なぜ海外の学校に行こうと思ったか

MBAに行くのであれば中国(しかも大陸)と初めから決めていました。自身の働く業界的に於いて、中国は最も大きな市場であり今後急速な成長が見込めます。従い、"今"、中国に行ってその目で市場を見る必要があると考えました。また自身の中国語をさらにブラッシュアップしたいと強く思い、中国の中でも北京語を話す北京を第一候補としておりました。人脈づくりの観点からも、Alumniや在校生と接する内に、中国でビジネスを行うのであれば、清華大学が最も適していると考えました。

3.留学先や志望校はどのように絞っていったか

上述の通りです。

4.留学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

私は途中で転職をしたので、MBAを考えてから実質3年弱かかりました。GMATには最も多くの時間を注ぎ込み、計画していたよりもずっと時間がかかってしまいましたが、途中でessay作成を挟むことで、自身のモチベーション維持、なぜMBAに行きたいのかの目的意識を常に念頭に置くよう意識しました。GMATで点数を取るのは手段であり目的ではないですが、私の場合GMAT学習中は得点をとることが長期的な目的になりがちでしたので、GMATの点数に自身のモチベーションや目標が大きく左右されないよう日々強く意識しました。

5.TOEFL/IELTS/GMAT/GRE/SAT等テスト対策について

GMATに最も苦労しました。英語に対する抵抗感は全くありませんでしたが、イメージとしては英語よりもGMATというテストそのものを理解することに時間を要しました。アゴスのコース受講後も点数がなかなか目標点数に達しませんでしたが、中山先生にマンツーマンで私の弱みや癖などを分析頂いた上でご指導頂いたことで、最終的には大学から奨学金を頂く点数を取得することができました。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

勉強を始めてから、おおよそ2年です。(1年アゴス受講、1年転職でMBA保留、1年MBA学習復帰)

7.出願準備について

中山先生に頂いたアドバイスで「意味をとることから逃げない」ことをご指導いただきました。時間切れを恐れSCではGMATの解法テクニックに頼るばかり、意味をとることから逃げ正答率を落としていた私ですが、スコアレポートで読み取れるCRでの正答率から、「読解力はあるので意味をとることから逃げてはいけない」と中山先生が自信を持たせてくれたことが自身のブレイクスルーとなりました。
また林先生には、エッセイを書く上での要素だしで過去の実績から様々な提案をしていただきました。林さんとの面談で書きだした将来のキャリア像が軸となり、スムーズにessay作成に取り掛かることができました。
Danさんにはエッセイ、インタビュー指導を頂きましたが、面接本番の前日のセッションで、「you're the valid person who earns the career in China as a professional. Be confident」と言われたことで、当日は自信をもって面接に臨むことができました。

8.アゴス講師 / コンサルタントへのコメント

全ての方にとても真摯にかつタイムリーにアドバイスご指導いただきました。皆様のサポートなくして合格はあり得ませんでした。大変感謝しております。

9.アゴスを選んだ理由

最大手でありその実績や知見から、アゴスを選びました。

10.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

3つです。「自分を信じ抜くこと」「明確な目的意識を持つこと」、「決して最後まであきらめないこと」です。特に3つめは、最後が見えない中で走り続けなければならない孤独感が常に付き纏いますが、諦めなければ必ず目標達成できます。時間や労力をかけても思い通り結果が出ない時、「努力は人を裏切らない」とい言葉は嘘ではないかと思うことがありました。しかし今から思えば、恐らく今まで私が「努力」と決めつけていたそれは、努力でなかったのではないかと考えるようになりました。つまり、「努力したから結果が出る」のではなく、結果が出る前の行動はまだ努力と呼ぶには時期尚早であることに気づいたのです。合格までの道のりは大変辛いですが、私みたいな人間でも諦めなければ必ず結果は出ることを経験しました。

11.留学 / 進学に向けての抱負

大学、地域、他の留学生に貢献できるよう、留学までスキルアップ、経験蓄積に尽力します。将来は、自身の業界でアジアベースのプロフェッショナルとなれる様、日中の架け橋となれるよう、在学中、卒業後も努力を継続します。

12.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

強い信念をもって絶対にあきらめないでください。皆さんの熱意は必ず大学に伝わります。