合格者の声

2019年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:H.Y.さん
在籍校:UWC Dilijan
合格校:Columbia University
入学校:Columbia University


1.留学を志したきっかけ

帰国子女として日本の中高で過ごしているうちに、もっと世界を見たいと思い、UWC Dilijan校に進学して90カ国からくる同級生たちと国際バカロレアの教育を二年間受けました。そこで新しい教育の在り方に直面し、大学では自分の学力的な限界に挑むことのできる大学生活をしたいと考え、中学生の頃から目指していたアメリカの大学に進学するという夢が強くなりました。

2.なぜその進路にしようと思ったか

ヨーロッパの大学も検討していましたが、住んでいたことのあるアメリカで大学生活を送りたいという気持ちが強かったため、米国大学進学を目指すことにしました。

3.留学先 / 志望校はどのように絞っていったか

どの分野を学ぼうと決めても柔軟に対応できる都市部の総合大学に絞りました。また、周辺でインターンでできる企業が多いことも志望校選びの条件でした。

4.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

常にエッセーやプレゼンなどの課題に追われるIB、UWCでの課外活動、そして海外大受験の準備といった三つのことを並行して進めることに苦労しました。時にはやりたいことよりやらなければいけないことを優先させ、タイムマネジメントを工夫しました。また、海外大の受験は正解がないため、願書になかなか自信を持てずにいましたが、アゴスで出願書類やエッセーに関して「これなら大丈夫」と、客観的な太鼓判を押してもらえたことが、とても自信になりました。

5.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について

IBが忙しくない時期に出願の準備をするためにスケジューリングを工夫しました。UWCに進学する前の高一の終わりの3月にTOEFLを受け、高二の12月に SAT with essayを受けました。高三の6月と10月にSAT subject testsを二科目受けました。Subject testの点数が伸びませんでしたが、その分学校の成績を保つことに時間を使いました。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

SATはテスト前の2ヶ月間、授業のない時間に集中的に勉強し、目標スコアのレンジを達成できました。

7.出願準備について

夏の間にエッセーは終わらせたほうがいいと聞いていましたが、実際は夏に始めたエッセーを、秋頃に書き終えました。また、志望校のリストがなかなか決まりませんでしたが、思い切って11月にEarly Decisionを出願しました。中学生の頃に早めにリサーチを始め、三年間の大学受験の予定表を作ったのが効率のよい出願に繋がったと思います。

8.アゴス講師 / カウンセラーへのコメント

アルメニアのUWCに通うことを決断した時は、家族や通っていた高校の支援システムから離れた場所での大学受験を不安に感じました。スカイプで何度も相談に乗っていただけたおかげで、海外大学への進学という夢が叶いました。時差のハンディキャップを感じさせない、時間的に柔軟なサポート態勢で常に質問に答えてくださり、本当にありがとうございました。

9.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

ヨーロッパや日本の大学との併願も考えていましたが、最終的にアメリカの大学の出願に絞りました。国によって大きく異なる出願書類を書くのは決して楽ではないので、米国大学のCommon Appに集中できたことで、その時間をエッセー執筆に充てることができました。また、私は高三の夏にカナダでインターンをしました。カナダ滞在中、一生物の思い出と生涯の親友と出会うことができ、大学進学を超えた将来に向けてのモチベーションが上がりました。焦らずに余裕を持って、受験は勉強だけじゃないという心構えを持つことが成功の秘訣だと感じます。

10.留学 / 進学に向けての抱負

I perceive university not as a goal, but as a stepping stone to achieve a bigger aspiration. I want to study hard and simultaneously experience the world outside of the school (the vast range of undiscovered opportunities in the city of New York), in order to apply the knowledge that I acquire to other aspects of my life. For the next four years and onwards, I wish to continue making small steps to achieve big dreams.

11.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

大学受験を単なる苦難と捉えず、自分探しの旅だと思って楽しんでください。大学受験はゴールではなく、あくまでもプロセスです。心の余裕があれば深みのあるエッセーが書けます。自分に自信を持って、夢は大きく持ってください。