合格者の声

2019年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:堀江 開人 さん
在籍校:慶應義塾大学
合格校:University of North Carolina at Chapel Hill
入学校:University of North Carolina at Chapel Hill


1.留学を志したきっかけ

世界で仕事ができるような一流の英語を身に付けたかったため留学を志した。
またこれまで海外在住経験が無かったため異文化に触れ、優秀な学生と出会いたかった。

2.なぜその進路にしようと思ったか

UNCは一番学びたいスポーツマネジメントの講座が豊富であったため。また全米屈指のスポーツ強豪校で、アメリカ大学スポーツ文化を肌で感じることができると考えたため。

3.留学先 / 志望校はどのように絞っていったか

スポーツ産業大国のアメリカの大学に絞り、そこから授業数・学術環境などを考慮して志望校を選んだ。

4.留学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

GPAを高く維持するために大学の授業にはほとんど出た。帰宅後・空きコマ・通学の時間を利用してTOEFLの勉強をした。

5.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について

スピーキング、リスニングは大変苦労した。一つの演習を完璧に理解できるまで復習した。大学にいる留学生との交流やTED、CNN 10など英語に触れる時間を増やした。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

2017年2月にAGOSでFoundationクラスから勉強を始め、2018年8月に目標スコアを取得した。

7.出願準備について

TOEFLに関しては英語力は勿論、自分の英語力を本番の試験で最大限発揮できるように試験戦略もしっかり身に付けた。留学書類に関しては自分の目標にとって留学が必要不可欠であることを強調して書いた。

8.アゴス講師 / カウンセラーへのコメント

授業内外で様々なアドバイスを頂きました。丁寧に、熱意を持って教えてくださいました。ありがとうございました。

9.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

ただ時間をかけて努力するのではなく、一つ一つのトレーニングの意義を意識するなど、考えて工夫して努力すること。また自分の理想の将来像を常にイメージしておくことは高いモチベーションの維持につながると思う。

10.留学 / 進学に向けての抱負

多くの方に支えられて留学という貴重なチャンスを頂いた。感謝の気持ちを持って精一杯努力し、大きく成長したい。

11.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

留学は単に語学力向上だけでなく、その準備段階でも自分の将来と向き合う良い機会になります。AGOSの指導のもと、情熱を持って徹底的な準備・努力をすれば留学を勝ち取ることができます。頑張ってください。