合格者の声

2019年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:T.O.さん
在籍校:早稲田大学
合格校:University of Copenhagen
入学校:University of Copenhagen


1.留学を志したきっかけ

幼少期から小学校までの海外経験を経て、自然と海外への関心は高かった。そのため、再び海外へと出たいという思いから、中高時代には漠然と留学したいと考えていた。大学進学後もその思いは変わらず、専門分野を海外で学びたいという思いを持っていたため、留学の応募に踏み切った。

2.なぜその進路にしようと思ったか

専門分野の中で、学びたいことが留学先大学にあったため。また、1度も訪れたことがなく、未知の場所で生活をしてみたいという願望があったため。

3.留学先 / 志望校はどのように絞っていったか

専門分野を学ぶことのできる環境が揃っているか。 学びたい分野が盛んであるかどうか。 1年間その地で生活していけるかどうか。

4.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について

Speakingのスコアは授業で学んだことを反復して、練習を重ねることで体に覚えさせた。結果的に1度目のSpeakingスコアから最終的に5点上げることができた。Readingが特に伸び悩み、テスト中に集中力が続かないことが多かったので、勉強している段階から早く問題を解く練習をした。

5.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

6ヶ月

6.出願準備について

出願準備を怠ってしまったことに後悔が残る。特に出願の際に必要となる志望理由書なども、添削してもらわずに出願してしまった。結果、志望順位の高い留学先には合格することができなかった。自分一人でやろうとはせずに、AGOSの方に添削をしてもらうと良かったと思う。

7.アゴス講師 / カウンセラーへのコメント

講師の方々は授業や宿題で浮かんだ疑問や留学に関する質問などにも真摯に答えて下さり、とても勉強がし易く、留学に関するためになる情報を得ることができた。

8.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

早めの段階で留学に行きたいと考えていたため、TOEFLの勉強に早くから取り組むことができたことが成功と秘訣だとが考えている。そのため、学校での勉強にも集中することができ、留学の出願に必要なGPAを取ることもできた。

9.留学 / 進学に向けての抱負

自らを大きく変化させる留学にする。 語学の勉強もここからがスタートと考え、さらなるレベルアップのために邁進していきたい。

10.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

留学に行こうという意志が固まったら、すぐに準備に取り掛かるといいと思う。特に国内大学からの留学の場合はプログラムリストが公開されていることがあるので、事前に情報を入手することができ、目標も立てやすいと思う。