合格者の声

2020年度合格者からのメッセージ

Photo [LLM]
お名前:Y.Y.さん
合格校:University of Washington
合格校:The George Washington University
入学校:University of Washington


1.留学先や志望校はどのように絞っていったか

法学部出身でなくとも私の経歴を踏まえて受験を許可してくれそうな大学を、過去の留学生やインターネットの検索、米国の弁護士に問い合わせながら、リストアップした。その上で各大学に問い合わせを行い、受験を許可してくれたところに出願した。 留学先は、授業の内容及び卒業後のインターン先との関係で決定した。

2.TOEFL/IELTS/GMAT/GRE/SAT等テスト対策について

TOEFL対策において、シャドーイングを繰り返す、文章の文法ミスを無くす、といった地味で基本的な対策は、すぐに成果が見えづらくモチベーションを保つことに苦労しました。講師の方々が推薦する方法のため、「数ヶ月は信じてやってみよう」と意識して実践したことが継続に繋がり、スコアアップを果たせました。

3.出願準備について[印象に残っているアドバイス]

志望理由作成において、テンプレートを用いないで自分の考えを、拙い英語でもまずは書いてみることを勧められました。留学後のレポート作成の基本を学ぶと共に、結果として効率的に志望理由を作成することに繋がりました。

4.アゴス講師 / コンサルタントへのコメント

担当いただいた講師の皆さんが親切で、質問にも快く対応いただきました。非常に感謝しております。

5.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

毎週留学対策の時間を確保するスケジューリングを行うこと、集中できる環境を見つけること、が個人的には合格につながる秘訣だったと思います。

6.留学 / 進学に向けての抱負

せっかくの機会なので、留学先で様々なことを学び、体験できればと思います。

7.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

英語が苦手だったり、経歴が足りないとしても、十分に対策を行えば合格を勝ち取ることができます。留学に興味がある方は、諦めずにチャレンジしてみてください。頑張ってください!