合格者の声

2020年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:S.G.さん
在籍校:Shanghai United International School
合格校:University College London
合格校:The University of Manchester
合格校:Durham University
合格校:University of Warwick
合格校:University of British Columbia
合格校:University of Toronto
入学校:University College London


1.留学を志したきっかけ

姉がアメリカの大学に進学したこと:
そのため留学が身近に感じられ、自分が海外の大学で生活してるビジョンが湧きました。
高校でIBを取るようになったこと:
IBディプロマ取得者は海外大学のアプリケーションにおいて他の資格が免除され、かつ3年で大学卒業が見込めるのでチャンスだと思い、海外の大学を目指すようになりました。
将来やりたいことが決まったこと:
自分がしたいことを実現したいのであれば、海外の大学でグローバルな学びをしなくてはダメだと思い、留学について調べ始めました。

2.なぜその進路にしようと思ったか

自分の目指している分野でのリサーチ力や専門性が強いこと、イギリスの歴史ある建造物と綺麗な街並みの中で学習できることが決め手だったように思います。

3.留学先 / 志望校はどのように絞っていったか

国を絞る(気候や暮らし、コストなど各国とその大学の特徴を調べ参考にする)
学部を絞る(家族・友人・アゴスの方と話し、自分の興味をマインドマップにし、将来のビジョンをよく考えた)
大学選びに何の要素が大事かリストする(私の場合:ワクワクするか、専門性、学部の強さ、学生満足度、コスト、インター生の比率、学生の人数、教授たい学生の比率、アプリケーションに必要な資格、雰囲気など)
リストをもとに大学を絞る(この際に表を作って比べる)
実際に現地に行って雰囲気で合うか確かめる(学生と話したり、生活したらどんな風か考える)
最終選択をして他の人に確認する

4.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

IB:
イギリスの大学は基本成績重視なので、Grade11になってからは毎日予習復習をして成績を落とさないように努めました。(どの学部に行くかによって必要な科目や点数が変わってくるので注意です)
課外活動:
学校に(IBやUCAS、エッセイ、推薦状においての)課外活動の重要性は教えられていたので中学の頃から始めていました。Grade11になり忙しくなってからは、好きなことと将来役立つことにしぼりつつ、きちんと進めていました。
エッセイ:
Grade11前の夏にエッセイの準備を始め、自分のやりたいことやアピールできることなどを考え始めました。Grade11後半から成績も出て受験校も決まったので、締切順にケンブリッジ大学・UCAS・カナダの大学のエッセイを進めていきました。1個目のエッセイは完成が結構締切ギリギリになってしまったので後悔しています。
IELTS:
Grade11になってから初めて長期休みなど暇がある時に勉強していました。

アドバイス:
何事も早く全力で取り掛かった方が後が楽です。しかしやること全てに全力を尽すのは大変なので、どこで手を抜いてどこをいつ頑張るのかをはっきりさせるのも大事だと思います。日記や勉強ノートにやるべきこととその優先順位、締切をまとめて、時間管理して無理なく大学準備を進めてくださいね。

5.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について

TOEFLとIELTS共にライティングとスピーキングが苦手で課題でした。アゴスの授業を受け、参考書やyoutubeを見ながら自主勉強をし、書く回数を増し対策しました。テクニックやパターンを学び自分の英語力が上がっていくのが楽しかったです。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

結果からいうと、自分の目標としていた点数はとれませんでした。ただ大学に必要な点数には初めてからすぐに取得できたので満足しています。

7.出願準備について

やはり早めに準備しておけばよかったなと思います。スケジュールがキツキツになってしまって大変でした。
カレッジエッセイは苦手分野だったのですが、アゴスの先生の的確なアドバイスもあり最高の仕上がりとなりました。

8.アゴス講師 / カウンセラーへのコメント

奨学金や進学先に関して相談に乗ってくださった田中さん、私の根本にあった思いを引き出しエッセイ執筆を手伝ってくださった菜海子先生、大学や奨学金についてのセミナーを開催してくださったアゴスの皆様にとても助けられました。日本在住じゃないことから頻繁に連絡できず不便があったと思いますが、全力でサポートしてくれたことに感謝しています。ありがとうございました。

9.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

2年近く続けている勉強ノート兼日記です。日々書く事で、焦りやストレスが軽減され、やるべき事がクリアにわかり、時間管理ができ、モチベーションを高く保て、できる限り何事も全力でやり切る事ができました。

10.留学 / 進学に向けての抱負

親など支えてくれる人への感謝を忘れず、ドリームスクールであるUCLで深く学び、毎日を楽しんで過ごしたいと思います。将来日本に貢献できるよう少しずつ前進していきます。

11.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

"Now or Never"
一度きりの人生です。今しかできないこと、本当にやりたいことはありませんか。金銭的な面や、成績の面で難しいと悩むこともあると思いますが、人生いつでも抜け道があります。チャレンジしない後悔よりする後悔。やりたいと思った時に一歩踏み出してみてください。応援しています。