合格者の声

2020年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:横井 弓有輝 さん
在籍校:東京外国語大学
合格校:Macalester College
合格校:College of Wooster
合格校:Beloit College
合格校:Illinois Wesleyan University
合格校:Columbia University School of General Studies
入学校:Macalester College


1.留学を志したきっかけ

高校生の頃から米国大学への進学を考えており、日本の大学に進学したのちに様々な活動に参加する中で専攻を変更したいと思い、編入という形で改めて留学をしたいと思うようになった。

2.なぜその進路にしようと思ったか

リベラルアーツを中心に総合大学も出願した。合否が出たあとどちらに進むべきか迷いましたが、結果として奨学金の額や、教授との距離、またTwin Citiesと大学の結びつきにひかれMacalesterを選択した。

3.留学先 / 志望校はどのように絞っていったか

アメリカでの大学院進学を視野に入れていたため最初からアメリカを志望していた。
1志望する学問が専攻できる
2奨学金が出ること
3できるかぎり都会に位置している
4学問的学びと実践ができる環境が整っている
上記を条件に大学は絞った。

4.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

TOEFL対策と並行して大学の前期はGPAをあげるために大学の講義を受講していたため時間を切り詰めて勉強した。夏以降は大学を休学し、インターンの業務量などを調整しながら、エッセーやSAT対策に時間を使うようにした。

5.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について

TOEFLの最後の最後までspeakingは伸び悩んだ。
SATは短い期間で目標点をとるために、単語を徹底的に覚えるために単語帳を作成し、電車に乗っている時間などに常に覚えた。またPrinceton Reviewなどの問題集を何周もしてわからない単語は潰していき、苦手な問題や文章の特徴を自分の中で掴んでいき、解き進め方など自分の中でのstrategyを作り本番に臨んだ。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

TOEFL:4ヶ月程度(受験5回目)
SAT:3ヶ月程度(初回受験)

7.出願準備について

出願書類に大学側のものと、高校からも必要とされるものとあり書類の作成を依頼し揃えるまでに手間がかかった。インターンなどの就労経験や持ち合わせるスキルを記載したCVを作成した。
エッセー執筆においては、私の場合は現在属している大学と専攻を変更するため、なぜ専攻を変えたいのかということを自分の経験と紐づかせながら、言い訳がましくなく理由をのべることに苦労した。

8.アゴス講師 / カウンセラーへのコメント

AGOSのカウンセラー、インストラクターの方々のサポートのおかげで大学編入を成功させることができたと思います。本当に感謝しています。

9.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

自分の立てた目標に対して、マイルストーンなど設定することで、常に最上位の目標を意識しながら小さな達成を自分の中で積み上げること。

10.留学 / 進学に向けての抱負

大学編入のそのさきの目標を達成するために、日々学問に邁進していきたいと思います。

11.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

テストやエッセーなどがうまく行かず悩む時が来るとは思いますが、そこで踏ん張り、差し込んできた一筋の光明を手繰り寄せようと努力することが大切だと思います。皆様を応援しています。