合格者の声

2021年度合格者からのメッセージ

Photo [MBA]
お名前:相浦 大司 さん
合格校:University of Cambridge
合格校:University of Manchester
入学校:University of Cambridge


1.留学を志したきっかけ

自身のキャリア目標達成のため、今の所属組織ではできない経験が必要だと感じたからです。
MBAを知ったきっかけは、会社の先輩から社内選考を受けてみないかとお声掛けいただいたことでした。留学に対する憧れは昔からありましたが、このときは、いけたらかっこいいかも、くらいにしか思いませんでした。
しかし、このことをきっかけに自身のキャリア目標と保有スキル・ノウハウのギャップを考えるようになりました。そして、このギャップを埋めるためにはMBAの経験が必要だと気づき、留学を決意しました。

2.なぜ海外の学校に行こうと思ったか

グローバル経験を積み、ビジネスチャンスを広げるためです。ビジネスは世界中どこでも行われている一方、国が異なればビジネスの常識は異なると考えています。国籍や業界が多様な環境に身を置くことで、誰とでもビジネスで良好な関係を築けるよう人として成長するため、海外を選択するに至りました。

3.留学先や志望校はどのように絞っていったか

ビジネスの共通言語である英語を使いこなせるようになるため英語圏を希望しました。社内からの留学者のほとんどが米国を志望していたので違うフィールドを目指そうと、この時点でイギリスに絞りました。その後、様々な分野の方と出会うために総合大学を選択し、面接のプロセスの中でマッチした大学を進学先としました。

4.留学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

IELTS/GMAT本試験を定期的に受験し、結果を踏まえてAgosのアドバイザー、コンサルタントと相談、繰り返しスケジュールを見直してきました。限られた時間をいかに効果的に使うかが重要だと理解していたので、数々の受験生をサポートしてこられたAgosの実績を信頼し、時間の使い方を何度も相談させていただきました。

5.TOEFL/IELTS/GMAT/GRE/SAT等テスト対策について

IELTSについて、SpeakingとWritingは初めから独学ではどうにもならないと判断し、それぞれbase/core1, base/core2/advancedを受講しました。一方ListeningとReadingは独学で対策することを決めましたが、スコアが伸び悩み対策に自信がなくなった際には、Agosの先生方に相談をさせていただきました。結果として自信をもって対策に取組めました。
一方GMATは、Math以外は全く見当もつかない状態だったため、Verbalを中心としたパッケージを受講しました。初めはVerbalの文章が難しすぎて苦痛でしたが、中山先生の授業で教わった通りに勉強を進めたことで、いつの間にか最低限のスコアを達成することができました。したがって、勉強方法に悩むことはありませんでした。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

IELTSは2019年12月から徐々に開始し、2020年10月に目標スコアに達しました。スタート時点でOA5.5、2020年1月にOA6.0、6月にOA6.5、そこから4カ月間計4回受験するもスコアはOA6.5で停滞し、10月に急にOA7.5に到達しました。
GMATは2020年4月にVerbalから対策を開始し、9月の初回受験で出願スコアを獲得しました。その後もペースを落として対策を続け、2021年1月までに計4回受験しましたが、初回スコアを超えることはありませんでした。

7.出願準備について

まず、「限られた時間の中で、取り組むべき事柄をいつ実施するのか調整していく必要がある」というアドバイスが、私の出願を可能にしたと思っています。IELTS/GMATスコアが思うように伸びなかった時期にも、時間がかかるので仕方がないと割り切り、少しずつ書類作成を行ったことで、十分に練った出願書類を提出することができました。
書類作成そのものについては、いかに自分のことを伝えるかを教えていただきました。自身の経験をバックグラウンドの異なる人へ伝えることにはなかなか慣れませんでしたが、自分の話がどう伝わったかをフィードバックいただくことで、多くの気づきを得ることができました。
また、面接練習も対応いただき、こちらはネイティブの先生に行っていただきました。個々の質問だけでなく面接全体を通じてアピールするために、どうストーリーを作るのがよいかを教えていただきました。

8.アゴス講師 / コンサルタントへのコメント

アドバイザーの金原先生、コンサルタントの岡田先生を中心に、MBA受験に関するすべての側面でサポートしていただきました。過去の受験生のデータと各国の大学の現状とトレンドを踏まえてアドバイスをいただいたことで、一切の不安なく頼らせていただくことができました。

9.アゴスを選んだ理由

もともと、テスト対策から出願までは一貫して同じ予備校にサポートをお願いしたいと考えており、何度かコミュニケーションを取る中でアゴスを選択しました。
名前を知ったきっかけは、IELTS対策について調べていたとき、体験授業を開催していることを知ったときです。もちろん参加しました。
社費派遣に合格後に何を準備すべきか相談させていただいた際には、試験から出願までのすべての側面を体系立ててご説明いただきました。私の状況に合わせた受講内容を非常にロジカルにご提案いただき、相性の良さを確認できたためサポートをお願いすることにいたしました。

10.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

留学準備について相談できるパートナーを早い段階で見つけることができたことです。その結果として、目標スコアの達成を信じて対策に集中することができ、また適切な時間配分で書類を作成できました。

11.留学 / 進学に向けての抱負

MBAでは学ぶことだけでなく、社会にインパクトを与えることが求められていると考えています。今ようやくスタートラインに立てたので、確実に成果を残せるよう計画を立てて臨みたいと思います。
MBA受験はそのためのプロセスではありましたが、目的達成までの自己のマネジメントについて非常によい勉強になりました。この経験をしっかりと活かします。

12.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

目標校に合格することを信じて疑わない、そのために今の自分に何が必要かを常に考え実行し続ける。これに尽きます。頑張りましょう!