合格者の声

2021年度合格者からのメッセージ

Photo [MBA]
お名前:S.N.さん
合格校:Harvard University
合格校:Dartmouth College
合格校:Yale University
合格校:Duke University
合格校:Northwestern University
入学校:Harvard University


1.留学を志したきっかけ

・将来のキャリア(海外で活躍するVC)を考えた際に不足しているスキル(General Management、VCに関する知識・ネットワーク、Leadership)を養成するためというのが、キャリア上の理由です。
・人生という長いスパンで考えたときに、2年間海外で勉強できるという機会は、「面白い!」というプライベートな理由も大きなモチベーションになりました。

2.なぜ海外の学校に行こうと思ったか

グローバルな環境で鍛えられたいと思ったからです。

3.留学先や志望校はどのように絞っていったか

・派遣元企業の制約で米国のランキング上位校以外は2年間通うことが認められていないことから、米国上位校をターゲットとしました(入学時34歳と年齢も高いのですが、家族のケアなども考えると1年間のプログラムでは消化不良になると考え、2年制を志望していました。)。
・加えて、自身が学びたい内容を踏まえ、学校を絞っていきました。特にリーダーシップを伸ばしたいという意識があったため、強制的にグループワークなどが多い学校を当初志望しました(合格した学校はいずれもグループワークが重視されると考えて受験しました)
・HBSについては、当初受験予定ではなかったのですが、1stラウンドでいくつかの学校に合格することができ、「一生に一回の機会だし、挑戦しないと後悔する」という気持ちで2ndラウンドの受験ポートフォリオに急遽追加しました。

4.留学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

・TOEFL初受験から計4年かかりました(途中で子どもが2人生まれたこともあり、長期戦になってしまいました)。
・全体のスケジュールについては、Agosの金原カウンセラーに相談に乗ってもらい、組み立てていきました。
・各フェーズでプランA(うまくいったとき)とプランB(そうでないとき)の2つのプランを立て、プランAからプランBに移るデッドラインを決めながら進めました。例えば、GMATについては、受験年の8月までに5回すべて受験するように試験を予約し、700超取れない場合は9月からGREに切り替える予定でした。その他、HBSを受験するか否かの判断も1stの結果が出る12月初旬をデッドラインとしていました。

5.TOEFL/IELTS/GMAT/GRE/SAT等テスト対策について

AgosではGMATのVerbalコースを受講しました。中山先生とは授業前後に不明な点を徹底的に質問し理解に努めました。その後も個別セッションを3回ほどさせていただくなど、大変お世話になりました。毎回丁寧に回答いただき、中山先生との出会いなくしてGMATで700を超えることはできなかったと思います。
その他、IRやAWAもAgosのパッケージのみで対策をしました。必要最低点を効率的に取得するにはコンパクトで良い授業だったと感じています。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

・TOEFL(最終スコア109):80点からのスタートで、100点到達まで2年弱かかりました。その後GMATに移行し、GMAT700超を取得後の初受験で109を取得しました。
・IELTS(同7.5):TOEFLやGMATで英語力の基礎が身に着けた後に受験しました。独学で1か月ほど対策して取得しました。
・GMAT(同710/V38/Q49):1年2か月かかりましたが当初目標としていた730は取得できませんでした。

7.出願準備について

・MBA受験はHolisticアプローチであること:GMATスコアは各スクールの合格平均以下ですが、スコアを追い求め過ぎず、エッセイやインタビューに注力したことが合格に繋がったと思います。 ・とりあえずやってみることの大事さ:MBA受験は新たなステージに移るたびに毎回不安が押し寄せてきます。例えば私の場合、TOEFLに目途がつき、GMATに移るときは「まだ勉強するのか」と憂鬱な気分になりましたし、エッセイ提出後、インタビュー対策に移行するときも「英語で面接できる気がしない」と億劫になりました。しかしながら、とりあえずAgosなどの予備校を受講する、とりあえずインタビューカウンセラーとのセッションを予約する。という姿勢で臨むことで、漠然とした不安が可視化でき、不安の軽減やスケジュール遅延の防止につながったと思います。また、学校リサーチなどにおいても、気になった在校生や卒業生にはLinkedInなどを経由して思い切ってコンタクトすることにしました。最初は「返信くるかな」といった不安があったのですが、やっていくうちにかなりの確率で返信が来ましたし、「返信が来なくてもしょうがない」と割り切ることができるようになりました。

8.アゴス講師 / コンサルタントへのコメント

・GMAT講師の中山先生や担当カウンセラーの金原さんは昼夜問わずタイムリーにレスポンスいただくなど、プロフェッショナルなサービスを提供してくださいました。この場をお借りして厚くお礼申し上げます。

9.アゴスを選んだ理由

・GMAT(V)コースは必要な内容がコンパクトにまとまっていると感じたため。

10.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

・運がよく、頼れる人がいたことがポイントでした。
・GMATについては中山先生、エッセイについてはエッセイカウンセラー、インタビューについてはTwitterで知り合った受験同期、受験期間中の心理的不安などは家族など、いろんな人に支えてもらえたことが、この受験準備を乗り越えられた一番の要因です。

11.留学 / 進学に向けての抱負

・こんな自由な2年間はなかなかない機会と思いますので、とりあえず何事にも挑戦していきたいという思いです。

12.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

まずは一歩踏み出すということから始めてみてはいかがでしょうか。受検を通じて自分のキャリアに対する考えも深まると思いますし、それ自体が人生において価値のあるようなことだと思います。
もし留学準備などについて私がお役に立てることがあれば、Twitter(@shotohbs)までご連絡ください。