合格者の声

2021年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:H.N.さん
在籍校:智辯学園奈良カレッジ高等部
合格校:University of Washington - Seattle Campus
合格校:Korea University
合格校:Fordham University
合格校:Knox College
合格校:Lawrence University
入学校:University of Washington - Seattle Campus


1.留学を志したきっかけ

元々音楽大学に進学したいと考えていたが、音楽以外にも学問を探求したいという気持ちが芽生え、両方実現できる海外大学の進学を志すようになりました。昨年進学予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大や奨学金不足、自分の納得感の不足などで、一度進学を断念しましたが、2021年度に向けて再度受験しました。

2.留学先 / 志望校はどのように絞っていったか

まず自分の中で学校を決めるファクター(例:専攻、立地、Financial Aidなど)を決めて、それに合う学校を選びます。全てを完璧に満たす学校があればいいですが、なければ、その中でも優先順位を決めていけば自然と志望校が決まってくると思います。2回目受験した時は、エッセイのトピックなどをみて、雰囲気が自分と合いそうだなと思って出願した学校もありました。

3.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

月並みな回答にはなってしまいますが、私はスコアメイキングにかなり苦労したので、海外大進学を目指すならばなるべく早く受験し始めることをお勧めします。

4.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

結局目標スコアには届きませんでしたが、TOEFLの授業のおかげで10月ごろには当初より15点近く伸ばすことができました。

5.アゴス講師 / カウンセラーへのコメント

TOEFLのRex先生の力強い言葉でTOEFLに対するモチベーションを得ることができました。また、スコアも特にSpeakingとWritingを伸ばすことができました。エッセイをみてくださったなみこ先生とGwen先生には感謝してもしきれません。中々Common Appの題材を決められなかったのですが、なみこ先生は私の長所やアピールポイントを的確に指摘してくださり、エッセイ作成をより円滑に進めることができました。また、Gwen先生には締め切り間近のものもいつでも丁寧にエッセイをチェックしていただき、ギリギリまで駆け抜けることができました。みなさん、本当にありがとうございました。

6.留学 / 進学に向けての抱負

一年間ギャップイヤーを取ることで、元々やりたかった音楽神経科学以外の学問を深く学びたい気持ちを持つようになってきました。4年間、自分のペースで貪欲に、自由に学んでいきたいと思います。

7.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

私の2回に渡る受験は、自分の中で「成功」という形で終わることはできませんでした。ですが、何よりも今回の経験を通して「自分を知ることの大切さ」を知ることができました。自分と向き合うことは辛く感じることが多いと思います。でも、私はそれを経験することで、受験を超えた自己理解や将来像の解像度をあげたりすることができました。受験は通過点でしかないことを胸に、でも自分が望む進路に向けて、精一杯頑張ってください!