合格者の声

2021年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:鈴木 丈治 さん
在籍校:早稲田大学文学部
合格校:Kalamazoo College
入学校:Kalamazoo College


1.留学を志したきっかけ

元々留学に興味はあり、1年生の時には1ヶ月の短期留学なども経験しました。しかし長期となると話は別で、サークルなどもあり大学3年生になるまで結局行動に移せずにいました。しかし今行かなければ後で後悔すると思い、遅ればせながら大学3年の春に留学準備を始め、TOEFL 対策のためAGOSに入会しました。

2.留学先 / 志望校はどのように絞っていったか

志望大学については自分が関心のある社会学と歴史学の科目が充実している学校を探しました。その結果アメリカの大学がそれらの分野に強く、科目数も充実してしたため、アメリカの大学を中心に志望校リストを作成し、出願しました。またAGOSの田中さんからアメリカのリベラルアーツカレッジが非常によいと勧められており、志望校リストに幾つか入れた結果、そのうちの1つであるKalamazoo Collegeに決定したという感じでした。

3.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

AGOSに入った4月から留学の学内出願を行う11月まで、モチベーション維持とタイムマネジメントに苦労しました。夏までは基本的に講座を受講することしかやっておらず、モチベーションも高いとは言えませんでした。オンライン講座だったこともあり、周りの仲間の存在が見えにくかったことも影響しているかもしれません。8月後半からやっと本腰を入れ始め、TOEFLを毎週のように受けてスコアの上積みを狙いました。しかしSpeakingがどうしても伸び悩み、出願の上で大きな足かせになってしましました(イギリスの大学出願できず)。もう少し早期から取り組んでいれば克服できたかもしれません。

4.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について

テスト対策についてはAGOSのテキストをやり込むことでスコアはかなり上がりました。特にReading・Listeningについては先生に教えられた方法に忠実にテキストに取り組むことで点数を大幅に伸ばすことができました。特に最初は20点に届かなかったListeningで29点を獲得できたのは大きな自信になりました。一方WritingとSpeakingは非常に苦労しました。両方とも最後まで伸びましたが、満足を得る結果が得られたとは言えず、もっと早期に取り組むべきだったと思っています。

5.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

「できれば100取りたいな…」と漠然と考えて勉強を始めました。8月に本腰を入れ始めてからReadingとListeningが伸びたため、9月には90を超えることができました。しかしその後はWritingとSpeakingの影響もあってなかなかスコアを伸ばすことができず、100には到達しませんでした。やはり四技能全てが高レベルに達していないと100は厳しいのだなと痛感しました。

6.出願準備について

出願書類の作成の際には田中さんに大変お世話になりました。自分1人では志望理由が曖昧になってしまったり、文章のフォーマットが変になってしまう可能性が高いですが、プロに添削、指導してもらうことで安心して出願書類を提出することができたと思います。

7.アゴス講師 / カウンセラーへのコメント

AGOSの講師の方はメールで質問をするとすぐに返信をくれる方が多く、特に岡田先生には勉強方法のみならずTOEFLの受験計画にも相談に乗って頂きお世話になりました。また田中さんには志望校選定や志望書類作成を始め細々したことにも相談に乗って頂き、大変心強い存在でした。

8.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

「熱意」と「集中力」かなと思います。TOEFLの勉強が地道なものが多く、留学への強い熱意がなければ継続が難しいです(僕自身モチベ維持に苦労しました)。洋画を観るとか、留学先のガイドブックを読んでみるとかでもいいので、日々モチベーションを維持できる習慣をつけることが重要かなと思います。特にオンライン講座だと他の留学を目指す仲間と繋がりづらいので、モチベ維持のテクニックは余計重要だと思います。 また「集中力」も非常に大切だと思います。ダラダラ勉強してもあまり頭には入ってきません。時間を決めて集中して取り組み、ちゃんとリフレッシュする時間帯/日を設けることは重要だと思います。おすすめは体を動かすこと。僕の場合だとジムに行ったり散歩に行ったりしてました。また何をすべきかはっきりしていないとダラダラしてしまうので、あらかじめその日の勉強計画を前日までに立てておくことも集中力を高めるコツです。

9.留学 / 進学に向けての抱負

新型コロナで留学そのものが危ぶまれる中での留学出願ということで、周りから心配する声もありました(笑)。しかし今回のコロナ禍で余計「今やりたいことをやってみる」ことが重要だと実感したように思います。リスクの中にこそチャンスはあると信じ、アメリカで1年間、「とりあえずやってみる」精神を大切に頑張りたいと思います!

10.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

大変なご時世ではありますが、自分の夢を実現するために今できることは思ったよりもたくさんあると思います。そしてAGOSはそのための情報やノウハウを豊富に持っています。ぜひ存分に活用することをオススメします!