合格者の声

2022年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:F.A.さん
在籍校:武蔵野大学高等学校
合格校:Muhlenberg College
合格校:学習院大学
入学校:Muhlenberg College
奨学金:Muhlenberg College Grants

1.留学を志したきっかけ

高校1年時に参加した米国ボストンでのアントレプレナーシップ研修で出会った大学生、また大学の雰囲気に魅了され米国大学進学を志し始めました。

2.なぜその進路にしようと思ったか

自分が将来一番携わりたい分野を模索しながら、多様な文化やバックグラウンドを持つ学生/教授との密接な関わり・ディスカッションの中で、自分の考えの幅を広げられる少人数制のリベラルアーツカレッジに惹かれました。また、日本から離れ自分が育った環境や思想を異なる視点から見ることで新しく気がつけること、発見できるものがあり、自分の視野を広げられるのではないかと思ったからです。

3.留学先 / 志望校はどのように絞っていったか

自分が興味のある分野の学部が揃っていることはもちろんのこと、教授に直接コンタクトを取り、研究内容やプログラムの特徴など学術的な観点から絞るようにしました。また、学校内の留学生に対するサポートやSNS等広報の雰囲気など感覚的な視点も大切にしました。

4.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

私は学校の勉強と両立しながらTOEFLの勉強やエッセイに取り組むことに苦労しました。元々、タイムマネジメントは得意な方ではないので、最初は思うように時間配分ができず1日に取り組む内容にばらつきがありました。そのため、時間で区切らずに取り組む内容や量を決め、それらをクリアすることを毎日の目標に設定して取り組むよう工夫しました。

5.アゴス講師 / カウンセラーへのコメント

カウンセラーの松永さんには大変お世話になりました。自分が思うようにいかない、上手くいかないと感じていた時、大学での楽しいことや魅力的なことなどをご自身の経験も交えながら話してくださり、「もう一回頑張ろう」と思わせてくれました。また、同時に英語力や奨学金、大学の制度などに関する現実的なことに関しても詳細まで丁寧に教えてくださいました。本当にありがとうございました。そして、学習院大学への出願準備のエッセイにおいて、高橋先生にも大変お世話になりました。文章のなかで足りないものや明確にすべき点などを的確にご指導くださり、自信を持てるエッセイを完成させることができました。ありがとうございました。

6.留学 / 進学に向けての抱負

留学先では、新しい環境を楽しみに思いつつも、自分が想像している以上に辛いことや大変なことがあるのではないかと思います。どんな時も、自分はどんな大人になりたいのか・何がしたいのかを考え、勉強・遊びのどちらにも全力で取り組んで行きたいと思います!

7.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

不安になることも多いのではないかと思いますが、辛い時や大変な時はカウンセラーの方を含め、自分の周りにいる方々に助けを求めて見てください!そして、自信を持って、自分の目標に向かって突き進んでください!応援しています!