合格者の声

2022年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:M.N.さん
在籍校:武蔵野大学高校
合格校:Earlham College
合格校:College of Wooster
合格校:Denison University
合格校:DePauw University
合格校:Knox College
合格校:Lake Forest College
合格校:Lawrence University
合格校:Pitzer College
入学校:Earlham College
奨学金:Deans Scholarship
奨学金:Iternational Student Scholarship

1.留学を志したきっかけ

純ジャパでも日本の高校からアメリカの大学に行けるという選択肢を知り、世界中から生徒が集まる中で学んでみたいと思ったから。リベラルアーツカレッジを知り、教授が教えることに熱心だったり、寮や少人数の授業を取り入れ議論が重視されていたりすることに魅力を感じたから。

2.なぜその進路にしようと思ったか

いま一番興味のある学部で、私の関心に一番近いことが学べそうだったから。先輩方に話を聞く中で自分がキャンパスに居ることを一番想像できる大学だったから。奨学金を一番多くもらえたから。

3.留学先 / 志望校はどのように絞っていったか

興味のある学問が学べること、大学のキャッチコピーやValue、歴史を読んで共感できること、奨学金をもらえる可能性が高いこと、などを基準にしました。

4.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

高校三年生のとき、学校の成績を落とさないようにすること、TOEFLの点数を上げること、国内AO入試の準備をすること、Common Applicationエッセイを書き始めることなどを同時に進めなくてはならず、一日のうちに何をどれだけ進めるのか苦労しました。AGOSの先輩に、何をどこで終わらせるか決めた方がいいとアドバイスをもらい、学校の課題は全て学校で終わらすことに決めました。学校での時間の使い方が効率的になり良かったと思っています。

5.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について

私の場合は、TOEFLの点数が上げられるかがネックになると松永さんから言われていたので、出願ギリギリまで取り組みました。最後は、上げられなかったらどうしようなどと考えず、ただ無心で勉強し続けたのが良かったのだと思います。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

2年以上

7.出願準備について

印象に残っているアドバイスは、松永さんに「あなたは考えすぎ。ただやって。」と言われたことです。出願準備に関わらず私に当てはまることだと気づいたので、留学後も何かに迷って立ち止まってしまうことがあったら思い出そうと思います。

8.アゴス講師 / カウンセラーへのコメント

アドバイザーの松永さん、エッセイ指導の高橋先生、TOEFL授業の講師の先生方にお世話になりました。松永さんは、私の性格を理解し、時には厳しく、根気強くご指導してくださいました。高橋先生は、いつも私の書きたいことを引き出してくださり、時間のない中でのエッセイ作成をお手伝いいただきました。私は2月末まで出願を続け、何度もご迷惑をかけることがあったのに、辛抱強くお付き合いいただき本当にありがとうございました。

9.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

最後まで諦めず出願し切ることかなと思います。

10.留学 / 進学に向けての抱負

進学を決めたからには、そこで何をするかが一番大切だと思います。AGOSの皆さんに次にお会いしたとき成長した姿を見せられるよう、精いっぱい学んでいきます。

11.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

しんどいことも多いかもしれませんが、最後まで諦めずにいると思わぬ解決策があるかもしれません。応援しています!!