合格者の声

2019年度合格者からのメッセージ

Photo [MBA]
お名前:R.N.さん
合格校:University of Southern California
入学校:University of Southern California


1.留学を志したきっかけ

海外グループ会社との業務を通じてグローバルビジネスにおける力不足を感じることが多々ありました。MBA経験者の海外グループ会社CEOとの仕事を通じて、説得力のある論理展開や深いファイナンスの知識、分かりやすい説明方法、巧妙な交渉術を英語で駆使する力に触れ、単に英語で会話ができるというだけではなく、上記のような英語でのビジネススキルを習得し、今後の業務に活かしたいと考えるようになりました。

2.なぜ海外の学校に行こうと思ったか

海外MBA留学経験者と話をする機会があり、異なった文化や背景を持つ様々な人たちと一緒に学び、授業で議論しチームワークすることで、グローバルビジネスの環境を経験できると教えてもらい、その環境に身を置きたいと考えるようになりました。大学時代に米国に交換留学して、1年間海外生活を経験しましたが、その時に学んだことが人生において非常に重要な指標となっており、更に同じような経験をしたいと思いました。

3.留学先や志望校はどのように絞っていったか

私自身が学びたい分野は明確だったので、アゴスのカウンセラーの方に伝えたところ、留学候補先を幾つか提案して頂きました。提案して頂いた学校を第1志望と考え、最終的に1校のみ受験し、無事合格することができました。

4.留学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

留学準備を始めたのは12月と、通常のスタートと比べると少し遅いスタートだと思います。MBA留学の学習についてはほぼ知識が無い状態でしたが、アゴスのカウンセラーの方から学習開始からゴールまでの細かいスケジュールを設定して頂き、スケジュールに合わせた受講クラスの提案を頂きました。苦手なMathに関しても、基礎クラスからの受講を進めて頂き、地道に学習を進めました。設計して頂いたスケジュールに合わせて学習を進めることで、焦ることなく、合格することができました。スケジュールに関して不安になった場合も、カウンセラーに相談することで、安心することができました。

5.TOEFL/IELTS/GMAT/GRE/SAT等テスト対策について

留学に際してTOEFLとGMATを受験しました。テスト対策としては、授業で講師の方に教えて頂いた勉強方法を愚直に繰り返すことに徹しました。例えばTOEFLのリーディングでは完全に文章の意味や構造が理解できるまで何度も読む、リスニングではシャドウイングを何回も繰り返す、スピーキングは毎日30分鏡に向かって英語で話す、ライティングでは自分の使える語彙を増やしつつ毎日英語で文章を書くなどの方法です。単にテストで良い点を取ることを目的にするのではなく、留学中のことを考え、英語力を向上させることを心掛けることで、何とか続けることができました。非常にシンプルな勉強法がゆえに、継続することは根気が必要でしたが、確実に実力をつけることができたと自信になりました。また、工夫したこととしては空き時間を最大に利用することです。電車移動や道を歩いているなどの時間があれば、単語アプリで英単語を覚えたり、教材をシャドウイングしたりと細切れに勉強しました。一つ一つの時間は短いですが、1年を通じると非常に長い時間を勉強に充てることができました。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

TOEFLは勉強開始から10カ月、GMATでは6ヵ月で取得することができました。

7.出願準備について

出願準備で一番時間をかけたのがエッセイの作成です。これまでの経歴やMBA留学の目的、志望校への進学理由など、自分自身では明確な目標と理由があると考えていた為、エッセイの作成にはそれほど時間がかからないだろうと想定していました。しかし、アゴスのコンサルタントの方と面談やエッセイの添削をして頂く度に、自分自身が思っていることが正確に他者に伝えられていない点や、自分でも気づいていない生きがいや目標、志望校決定の本当の理由が浮き彫りになり、自分一人では絶対に書けないエッセイを書くことができました。自分で気づいていない自分に気づくことができたコンサルティングは今後留学をする上でも人生を歩む上でも非常に大切な時間となりました。

8.アゴス講師 / コンサルタントへのコメント

アゴスの講師、コンサルタントの方はどの方も親切で熱く、いつも助けられました。授業中は数多くの質問をしましたが、いつも納得がいくまで丁寧に説明して頂き、理解を深めることができました。勉強方法についても私自身にあった方法を提案して頂くことで、継続して勉強を進められました。テストでなかなか良い点が取れない時は、直接またはメールで励ましの言葉を頂き、テスト受験時の改善点をアドバイス頂き、大きな励みとなりました。アゴスの講師/コンサルタントの方の助けがなければ志望校に合格できなかったと思います。この場を借りまして、改めてありがとうございました。

9.アゴスを選んだ理由

私は社費派遣での留学ですが、当社の法人担当カウンセラー/秋山さんとの出会いによってアゴスでの受講を決定しました。MBA受験を決めた当初、TOEFLやGMAT、大学についての知識はほぼゼロでしたが、秋山さんが私の疑問に事細かく答えて下さいました。年齢のことや家族のこと、受験準備のことなど心配な点もありましたが、秋山さんがいつもポジティブなアドバイスをしてくれたことで、受験に踏み切ることができました。心より感謝しております。

10.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

車で1時間、帰宅後に家で1時間というスケジュールを組み、休日は最低4時間勉強するという目標時間の設定をしました。仕事の繁忙期や家族でのイベント参加などで、上記の勉強時間を確保できないことはありましたが、基本的には目標時間を守ることができました。テストの点数が伸び悩み、落ち込んだり、自分の学習方法が正しいのかと疑問に思うことがあったりはしましたが、目標時間を設定することで淡々と勉強を続けることができました。各勉強時間を記録できるアプリを活用し、全ての勉強時間を記録することで、勉強時間を正確に把握することも一つの助けとなりました。

11.留学 / 進学に向けての抱負

私は1年間のMBA留学になりますので、気が付いたら留学が終わっていたということにならないように、何を学びたいのか、どのような人に会いたいのかを事前に明確にして、実りある留学生活にしたいと思います。留学後は、社費留学として送り出してくれた会社に、少しでも還元できるように日々の業務で学んだことを最大限活かしていきたいです。

12.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

留学準備から合格までの時間は長く、複数のテスト受験、申請書類の準備もあり、仕事や家族・友人との時間も勉強に充てることになりますので一歩を踏み出すことに非常に勇気がいると思います。ただ、人生の目標があるのであれば実現に向けて一歩を踏み出してください。学習期間は仕事や家族との折り合いで、苦しいこともありますが、だからこそ合格した時の喜びは最高です。また、留学はゴールではなく自分の目標を叶えるためのあくまでの一つの手段だと思います。それであれば、受験で頑張ったことや苦しんだこと、留学中に得たものは必ず、目標達成を後押しする素晴らしい経験になるはずです。踏み出すことで見える景色は広がると思いますので、是非一歩踏み出して下さい。頑張っている人は多くの人が支え、助けてくれますので、大丈夫です!