合格者の声

2020年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:大村 梨琴 さん
在籍校:渋谷教育学園 渋谷高校
合格校:Pitzer College
入学校:Pitzer College


1.留学を志したきっかけ

様々な国の文化・歴史を知ること、世界規模の社会問題に興味があり、将来は世界中の人々と仕事をしたいと思っていた。高1~高2での高校留学で英語に自信がついたこともあり、英語のアカデミックな使い方や様々な事象に対する幅広い視点を身に着けるため、海外大学への留学を決意した。

2.なぜその進路にしようと思ったか

苦境にある人を助ける仕事に就きたいと思っていたことと、高校での模擬国連部等の活動を通して子供兵やパレスチナ問題について知り、平和構築に進路を定めた。しかし一方で、自分のもう一つの興味分野である美術史についても理解を深め、それに関わる仕事がしたいと思っている。

3.留学先 / 志望校はどのように絞っていったか

英語でのアカデミックな使い方を学ぶことを決めていたので留学先は英語圏の国に絞った。専攻にしようと思っていた分野が国際関係学と平和学だったため、最初は伝統的に国際関係学・開発学が研究されているイギリスの大学を考えていた。しかし、自分のもう一つの興味分野である美術史とのダブルメジャーができることなどカリキュラムの柔軟性や人のバックグラウンドの多様さ、少人数での教育などの要素から、米国のリベラルアーツ校を魅力的だと考えるようになった。米国のリベラルアーツ校と決めてからは書籍(FISKE guide to colleges, International Student Handbook, etc)やインターネット(NICHE, youtube, etc)を活用するほか、先輩にメールでお話を伺ったり、College Fairや説明会に積極的に参加して情報を集めた。また、高3の夏に個人的にCollege visitにも行かせてもらった。その中で国際関係学に強いところ、留学プログラムが充実しているところ、クラスの種類が豊富なところなど様々な条件の中から自分に合うと思われるところを13校ほど選んで出願した。

4.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について

TOEFLの講座はReading foundationと105点突破コースの二つを続けて受けたが、内容が非常に濃く、問題のコツをつかむことで点数が大幅に伸びたと実感している。苦労した点はひたすら課題が多かったことで、課外活動や学校の授業と並行して行うのに非常に苦労した。学校にCDプレーヤーと過去問を持っていき、授業の合間にリスニングを解いていたのはいい思い出である。それでも毎日コンスタントに英語を読んで書いて話していると英語が生活の一部になり、着実に実力がついていくのを実感できた。また、105点突破コースの先生が非常にお茶目で面白い方で、米国の大学に先生が通っておられたころの話や海外の教育事情などをお話してくださり、3時間のレッスンも非常に楽しく続けられた。クラスは少人数だったため参加者の方と自然に仲良くなり、他の方の夢や留学の動機を聞くことで自分も刺激を受け、モチベーションを高く持って勉強を続けることができた。

5.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

TOEFLの目標スコアは100点を超えることだったのに対し最終的なスコアは95点だったため、目標には届かなかった。高2の2月後半からAGOSに通い始め、Reading Foundationのコースと105点突破コースを取り、半年後の8月に95点を取得した。

6.アゴス講師 / カウンセラーへのコメント

田中さん、グルーバンクロフトやJASSO等の奨学金のエッセイを読んだり進路や大学選びの相談に乗ってくださったり、力になっていただいて本当にありがとうございました。田中さんなしでは私は憧れの大学には入ることができませんでした。

7.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

・常に、自分が「なぜ留学したいのか/そこの大学に行きたいのか」を考え続けること。
・受験に対してポジティブでいること。(受験期間はしんどいけど、英語力めっちゃ高まるぞ!とか)
・英語に触れる時間・機会を日常の中で増やすこと。(ラジオ、読書、単語帳、映画etc)
・友達・仲間と一緒に取り組むこと。
・AGOSの自習室を活用すること。(冷暖房・コンセント完備、一人一台パソコンが使えて近くにはコンビニもある。AGOS通ってる人は無料で使える!)

8.留学 / 進学に向けての抱負

たくさんの方に支えられ、助けられて海外大学進学を決めることができました。ここでいただいたチャンスを全力で生かし、夢へ近づけるよう努力していきます。

9.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

受験はしんどいけれど、真剣に向き合えば必ずやあなたに合った大学があなたを選んでくれます。
頑張って!