合格者の声

2021年度合格者からのメッセージ

Photo [MBA]
お名前:A.K.さん
合格校:University of Washington
合格校:Florida State University
合格校:Georgetown University
合格校:Seattle University
入学校:University of Washington


1.留学を志したきっかけ

学生時代から海外で働きたいという夢があったなか、仕事でもキャリアアップを目指すために専門知識を身につけたいタイミングがきたため、海外でマスターをとりその後インターンなどで職務経験を身につけたいと考え留学を決意しました。

2.なぜ海外の学校に行こうと思ったか

進学先のアメリカでは大学を卒業したあとOPT制度で一定期間現地で働ける機会があることを知ったため。また、専攻志望であったDigital Marketingを専門的に学べるマスターが日本にはなかったため。

3.留学先や志望校はどのように絞っていったか

過去に留学していたシアトルに戻りたいという気持ちが強かったため、ロケーションを重視しつつ探しました。また、Digital Marketing専攻志望だったのでLinkedInなどで現地のDigital Marketerがどの大学のプログラムを卒業しているのかを確認し、専攻に強そうな学校を調査しました。

4.留学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

夏前にTOEFLの点数は取れていたのですが、出願を決意するのが11月末とかなり遅かったため、エッセイや推薦状はかなり余裕のない状況で必死に準備することになってしまいました。ちょうど仕事も非常に忙しいタイミングが重なってしまいましたが平日は19:00-23:00、週末は終日は仕事が残っていようと出願準備に割くことにしていました。

5.TOEFL/IELTS/GMAT/GRE/SAT等テスト対策について

TOEFLは独学で受験しました。まずはとにかく多くの単語を習得するためにTOEFL対策の単語帳を購入して1ヶ月で集中的に全て暗記しました。単語が身についてくるとReadingも自ずと解けるようになっていきましたが、さらに問題慣れとスピードアップのために公式問題集を解いて練習しました。Writingはインターネットで書き方のコツを調べながら自分なりのテンプレートを作成しました。そして問題と模範解答が載っているサイトを見つけ、問題を毎日2題ずつ時間をはかって解いた後に、自分のWritingを添削しつつ次回以降使えそうな表現を調べて暗記していきました。ListeningとSpeakingは特に対策できていませんでしたが、過去の英会話と留学経験でカバーできていたのだと思います。 GMATなどは受験していなかったので、不要な学校のみに出願しました。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

TOEFL: 約1ヶ月

7.出願準備について

Statement of Purposeや推薦状は自分でいくら調べても何をどう書くのが正解なのかまったくわからずとても不安でした。ですがAGOSで自身の過去の経験や将来のビジョンから“ネタだし”をしてそれをもとにカウンセリングをしていただくと、そこから自然と自分の強みや大学院に行きたい動機、大学院が将来のゴールにどのように繋がるのかが整理できました。

8.アゴス講師 / コンサルタントへのコメント

出願締め切りまで時間がない状態でのAGOS申込でしたが、期日に間に合うような現実的なスケジュール立てのアドバイス、および丁寧かつ戦略的なエッセイ指導をしてくださり本当に感謝しております。その他出願準備を進めるなかで出てきた細かな不明点について問い合わせしたときにも迅速に答えをくださり大変助かりました。

9.アゴスを選んだ理由

昨年にアメリカ大学院に進学した元同僚がAGOSを利用しており、サポートについて良い評判を聞いていたため。

10.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

一番の成功要因は、自身が将来達成したいゴールがクリアにあり、それをこれまでの経歴/経験と結びつけられていたことだと思います。 ゴールが特に具体的であるわけでもなく、素晴らしい経歴があるわけでもありませんが、自分のなかで納得のいく経験と目標の関係性が描けていたので、エッセイなどで自分の強みや学校の志望動機をうまく表現できたと思います。

11.留学 / 進学に向けての抱負

勉強して卒業することがゴールではないことを忘れず、自身のキャリアゴール達成のために必要な知識や経験を習得できるように能動的に動き続けたいです。

12.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

本当のきっかけは何であれ、自分がなぜ留学したいのかという理由をしっかりと作り上げておくと最後まで努力ができるのではないかと思います。そして努力したこと自体が留学経験の最初の成果物になると思うので、ぜひ頑張ってください!