Covid-19禍でのMBA学生のソーシャルライフについて

6 Ways To Make The Most Of The Covid MBA Experience

2/6付のPoets and Quantsに面白い記事が掲載されていました。
Coronavirus has changed the MBA experience. But it doesn’t have to ruin it

今回は皆さんにとって参考になりそうな点を記してみます。

■コロナ禍においてもネットワーキングをMBA学生は価値を置いている

Stanford大学組織行動学教授のリサーチによると、「選択肢が限られているとき、人はより多くの多様な解決策を生み出す」ことが示されています

これまでのようにface to faceコミュニケーションを図ることは難しくなりましたがバーチャル上でのネットワーキングは非常に活発です

-Virtual tours of the school & town for international students who could not make it to campus;
-Small outdoor socially distanced get togethers (e.g., BBQs);
-Virtual (and in-person outdoor) workout classes taught or hosted by classmates;
-Virtual (and in-person) small group volunteering events for local charities;
-Voting drives for the November Elections

ユニークな事例がいくつか掲載されていますが、その中でMBA時受験生にとても有益な情報がありましたので紹介します。

At Duke University’s Fuqua School of Business, Fuqua MBA Association Co-President Mike Treiser recognized a potential concern among onboarding the incoming Class of 2022 MBA students due to the constraints of Covid-19. Working alongside admissions personnel and numerous other Fuqua administrators, they set up weekly virtual onboarding events for their incoming MBA students on topics ranging from life in Durham, how the Administration was handling changing safety regulations, and how incoming students could prepare for business school. The responses of these sessions were overwhelmingly positive from both students and administrators. Even after things return to normal, Fuqua still hopes to utilize this approach.

留学を検討されている皆さんにとって、MBA留学に対して不安になることもあるでしょう。この時期だからこそ、皆さんが目指しているMBAコミュニティに対しての理解を深めていただきたいと思います。そしてそのコミュニティにアクセスすることをお勧めします。上述のように皆さんの考える以上にサポーティブなコミュニティが皆さんを待っています。そして、オンラインコミュニティだからこそ気軽にアクセスできることもぐっと増えています。

https://poetsandquants.com/2021/02/16/6-ways-to-make-the-most-of-the-covid-mba-experience/?pq-category=business-school-news&pq-category-2=students&utm_campaign=PQNL&utm_medium=email&_hsmi=111651915&_hsenc=p2ANqtz-_QjpW0V9330SEiyMC2CG8f_jHUYBBZyUbYkSKsrtWfgiFCRy16hqDpYXl29AAzBObJ0aHJg36QbRtvOkBHHkI5EllCCQ&utm_content=111651915&utm_source=hs_email

Chizuko Okada

COVID-19 Update:世界のTop25MBAプログラムの現状について

Top MBAプログラムはオンラインでの提供が主流

コロナ渦の中でMBAクラスはどのように提供されているのか、最新情報の記事がPoets and Quantsにアップされました
COVID-19 Update: What 2021 Looks Like So Far At The Leading MBA Programs

2020年Fall intakeではハイブリッド(オンラインと対面クラスのミックス)形式で多くの学校でクラスの提供が始まりましたが、現在は一部のプログラムを除き、多くのクラスがオンラインでの提供に切り替えられています。

The latest EFMD report, The Impact of the COVID-19 Crisis on Business Schoolsでは、100以上のビジネススクールに調査を行い、提供プログラムの変化についての調査を行っています。https://www.efmdglobal.org/knowledge/report-the-impact-of-the-covid-19-crisis-on-business-schools/

Top 25 U.S. B-schools and top European schoolsの各学校のCovid-19 (2021/2/16発表記事より)

■ US programs
Stanford GSB: Students are on campus, course instruction is a hybrid of online and in-person
Harvard Business School: Classes remain hybrid; student gatherings outdoors limited to 25, indoors to 10
Penn Wharton: Alert Level 2: Heightened Awareness. At this level, Wharton “is able to conduct its various hybrid scenarios.”
Chicago Booth: In-class student participation on all three Illinois campuses limited to “local” residents
MIT Sloan: All students registered for in-person classes are required to test twice a week, 3-4 days apart
Northwestern Kellogg: Classes to be hybrid; spring class-bidding postponed to February 19
Columbia Business School: CBS continues its “HyFlex” model of teaching, in which students are mixed between in-person and remote instruction
UC-Berkeley Haas: Self-sequester for residential students lifted
Dartmouth Tuck: 78,000 students have been tested since July 1, with 103 cases found; hybrid teaching will continue through the spring 2021 term. Dartmouth College requires those accessing campus facilities to be tested for Covid twice weekly.
Yale SOM:Hybrid: Half of students will attend a given class session in person while the other half participates remotely
Virginia Darden: As of Feb. 12, UVA leadership is keeping the restriction on meetings and gatherings at six people, but may move to even more limited operations if there is a continued increase in cases
Cornell Johnson: Ithaca campus “reactivation” underway
Michigan Ross: Ross is continuing to offer a mix of remote, hybrid, and a few fully in-person classes to undergraduate and graduate students
Duke Fuqua: Hybrid; 20 positive cases found Feb. 8-14 through about 12,000 tests of students, faculty and staff across Duke University
NYU Stern: Hybrid
UCLA Anderson: Remote
CMU Tepper: Hybrid
USC Marshall: Remote
UNC Kenan-Flagler: Remote
Texas-Austin McCombs:Hybrid: Campus is at Level 3: Ultra-low density, meaning buildings are open but a large number of classes are being conducted remotely
Washington: Phase 2: Most classes are remote
Emory Goizueta: Hybrid, but all in-person classes also will be available online to accommodate vulnerable populations
Indiana Kelley: Hybrid
Georgetown McDonough: Most classes are remote, but some graduate courses may have in-person components
Georgia Tech Scheller: Hybrid

■European program
London Business School: Under national lockdown; learning is all remote
HEC Paris: Remote
INSEAD: Classrooms open with extensive safety measures
IESE: MBA classrooms have reopened

最新情報は以下の各学校の発信している情報でご確認ください。(各学校のリンクでご確認ください)
https://poetsandquants.com/2021/02/16/covid-19-update-what-2021-looks-like-so-far-at-the-leading-mba-programs/2/

Chizuko Okada

アジアMBA各校 日本人進学数(2020年版)

長年にわたり、「アジアMBA夏祭り」を共催させていただいているアジア留学協会の方から「主要アジアMBA各校 日本人進学数」2020年の調査結果を共有いただきました。
さらに2020年入学者の調査おに加えて、アジアMBA各校 日本人進学数(Full-time)の推移調査についても公開されております。

・日本人進学数は全体的に例年より少なめ
新型コロナウィルスの影響が出ているためか、アジアMBA全体への日本人進学数は例年より少な目です。ただし、この傾向はアジアMBAだけではなく、
全体のMBAプログラムと共通する傾向です。こちらは一過性の傾向であるので、この点は留意ください。

・年々高まるアジアMBAプログラムへの日本人進学者の増加
2011年以降の約10年にわたる日本人進学者の推移をみると、各学校により個人差はあるものの多く学校で進学者の増加がみられます。

詳細はこちら
https://asia-study.org/mba/japanese2020/

注目されているアジアMBAについて情報収集!
アジア留学協会のwebには多くのアジアMBA留学情報が満載です。ぜひアクセスしてみてください
https://asia-study.org/

Chizuko Okada

2020-2021 Columbia LLM 出願締め切り日変更 Early review option の設定を行わない方針

Columbia LLMの出願締切のポリシーの変更が発表されました。コロナウィルスの影響を受けての変更とみられます。

以前に設定されていたEarly review option の設定を行わずに、Regular roundのみの締め切りの設定に変更

The application for the 2021-2022 LL.M. Program is now available, and the deadline to submit an application is December 18, 2020.

出願結果についてのregular roundとして以下の日程での発表予定となります
Admission decisions for the 2021-2022 LL.M. Program will be sent by mid-March.

当校で直接大学のアドミッションに問い合わせを行った際の学校の回答を記します。

Thank you for your email. Due to the unique structure of this year’s program, there will not be an early review option for applicants to the 2021-2022 LL.M. Program. Instead, all admission decisions will be sent by March 15. There is no advantage to submitting applications early, other than giving LSAC more time for document processing.

最新情報は常に学校の公式websiteでご確認ください
https://www.law.columbia.edu/admissions/graduate-admissions/llm/application-process

Eiki Satori

「主要アジアMBA12校新型コロナウイルスへの対応状況」MBAオフィスへのアンケート結果

過去8年、アジア夏祭りを共同で開催している「アジア留学協会」の方から貴重な情報をシェアいただきました。調査サマリーに加えて、各校からの回答の詳細も確認することが可能です。

2021年MBA留学を目指している皆さんへ

以下コメントにもありますが、コロナウィルスの影響でテストスコアの受験が困難であるなど、各自の出願準備状況で学校に伝えた方がよい状況がある場合には、どうぞ積極的にアドミッションオフィスにコンタクトを取りましょう。

 

「主要アジアMBA各校新型コロナウイルスへの対応状況」アンケート結果

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、留学中またはこれから留学を予定している方々にも大きな影響が出ています。アジア留学協会では、アジアMBA各校の新型コロナウイルスへの対応状況を調査することで、留学検討者の過度な不安を払拭し、状況を正確に把握し受験準備に臨めるよう主要アジアMBAトップスクール12校に対してアンケート調査を実施しました。

調査サマリー

12校中3校が新学期(2020年度)の開始時期を延期

多くの学校は通常通り新学期をスタートさせる中、シンガポール国立大学、香港大学、CEIBSの3校は開始時期を延期。中でも、シンガポール国立大学は2020年度プログラム開始を5カ月延ばし、2021年1月スタートとしています。CEIBSは10月中旬にスタートを延期していますが、その前の8月中旬~10月中旬はNon-Creditの授業やアクティビティを実施しており、学生はキャンパス入りし活動を行っています。香港大学は8月初旬から9月中旬へ若干の延期となっています。

中国大陸以外、シンガポール・香港・台湾の学校は留学生もキャンパス入り

中国大陸では新型コロナウイルス(COVID-19)に係る入国制限が行われており、海外にいる留学生が入国できない状態です(※)。このような状況下で、CEIBSでは海外にいる留学生はチューリッヒ(スイス)キャンパス入りし、上海キャンパスとデュアルキャンパスでオフラインの授業を行っています。(※)2020年9月末時点

授業はハイブリッド方式、なるべく早く通常の対面方式への移行を目指す

全ての学校でオンライン/オフラインのハイブリッド方式で授業を開始しています。留学生含め学生がキャンパス入りできている学校でも、クラス内の人数制限・マスク着用など安全対策を講じ、来校を希望しない学生にはオンライン授業の参加を認めるなど、現時点ではオンライン/オフラインを併用して授業を運営しています。

しかし多くの学校では状況が改善し、全ての学生がキャンパス入りし、従来と同じ環境で授業が受けられるようになり次第、通常の対面方式への移行を目指しています。

来年度の出願・選考に大きな影響はなし。フレキシブルな出願対応も

12校中7校が来年度の出願・選考について新型コロナウイルス(COVID-19) による「影響なし」と回答しています。一部、CEIBS、香港科技大学では、例年より柔軟な出願対応を行うと表明しており、テストスコアが揃っていない状態での出願、代替・追加のAdmission Testの受付など、ケースバイケースで認められる可能性があります。また、シンガポール経営大学では語学力の評価は、Admission Testのスコアとインタビューを重視するとしています。

Chizuko Okada

MIT Sloan 2020-2021出願においてGMAT/GRE の提出をoptionalに変更

US Top MBAプログラムの中で、2020-2021の出願において、MIT Sloanが初めてGMAT/GRE の提出をoptionalに変更する方針が発表されました。

但し、テストスコアを提出する/しない、どちらが出願戦略において有効であるかは、個人の状況によって多く異なります。以下をよく読んでいただき、自分なりの戦略を立てることを強くお勧めいたします。

2020-2021 MBA出願戦略及び書類作成のコツを知る
9月23日 (水) 19:30 – 21:00
【ウェビナー】MBA出願エッセイ作成セミナー

MIT Sloan admissionより

Standardized tests, such as GMAT, GRE, EA, TOEFL, IELTS, are a component of the application process and play an important role in our holistic evaluation process. However, in view of challenges brought about by the coronavirus pandemic, we will allow candidates for the 2020-21 admission cycle to submit their application without the test and review their submitted material as is and without negative inferences. If admitted, candidates will not be required to take a test.

Additionally, applicants are welcome to submit other pieces of evidence, such as expired test scores (GMAT, GRE, EA, etc.); MITx MicroMasters, CORe, edX, MBAMath, or any other non-degree coursework completed; or certifications earned such as CPA, ACCA, CFA, etc; all of which may assist the Admissions Committee in its evaluation process.

https://mitsloan.mit.edu/mba/admissions/how-to-apply

以下Admissionの方針についてもよくお読みください。

We are looking for individuals who demonstrate:

-Leadership and an ability to inspire others
-A collaborative spirit and focus on community
-Intellectual curiosity and analytical strength
-Creativity to generate new solutions to existing challenges
-Growth in both professional and personal endeavors

We seek applicants with exceptional intellectual abilities and the drive and determination to put their stamp on the world. We welcome people who are independent, authentic, and fearlessly creative — true doers. We want people who can redefine solutions to conventional problems, and strive to preempt unconventional dilemmas with inventive ideas. We demand integrity and respect passion.

https://mitsloan.mit.edu/mba#admissions

Chizuko Okada

Virtual information sessionの活用方法-合格につながる活用方法とは-

夏は多くの学校の説明会が開催される時期です。
MBAプログラム合格にむけて必ず質問される why MBA? why this program? why you? に適切に回答するためには学校調査が欠かせません。

Covid-19の影響を受けて、どの学校もオンラインでの学校説明会に変化しています。今回はこのオンラインの学校説明会の活用方法をお伝えします。

■イベントの種類について

オンラインで開催されるイベントには大きく分けて以下の5種類です。目的に応じて使い分けることが重要です。

①一般的なプログラム説明
②特定のトピックに絞ったプログラム説明
③クラスビジット
④在校生とのカジュアルチャット(Q&A)
⑤入学審査官とのQ&A

①一般的なプログラム説明
プログラム内容、入試情報の概要の説明と参加者からのオンライン上でのQ&Aに回答が得られるものです

②特定のトピックに絞ったプログラム説明
特定の産業へのキャリアに興味がある方むけ、クラス以外のクラブ活動にフォーカスしたもの、特定のグループ(地域性や性別など)
など、学校によって実に様々なものが提供されます。
パネリスト(在校生や卒業生など)が登壇し、自身の経験を共有いただける場合が多いです。

①②については、過去の実施セッションをrecorded sessionをwebsite上で公開しているおり、いつでもアクセスできるように
してある学校も多くあります。特に時差を気にして参加しなくていけない留学生にとってはうれしい情報です。以下に主だったプログラムのリンク先を記します。
主なTop MBA プログラム コロナウィルスへの対応方法 -学校説明会運営状況-はこちら

③クラスビジット
オンライン上でクラス見学、もしくは、模擬授業を経験することが可能です。

④在校生とのカジュアルチャット(Q&A)
⑤入学審査官とのQ&A もしくは One to One Consultation

こちらは少人数制での開催がほとんどです。

■オンラインイベントのメリット/デメリット

メリット:
参加しやすい。さらにイベントの開催頻度が高いので時差さえコントロールできれば調整しやすい。これまで特にクラス参加などは、オンキャンパスでないと難しいことも多かったのですが、バーチャルワールドではどなたでもオンラインであればアクセス可能となり、イベントへの参加へのハードルは各段に下がりました

デメリット:
イベントのパネリストや参加者同士の交流機会がオンライン開催の中で限定されるため、受け身になりがちです。「合格レベルにつながる情報収集」には努力と工夫をしないと合格への可能性を高めることが難しい状況に陥ります。

■事前準備の重要性

上述のそれぞれのイベントの特性を理解した上で、みなさんの目的に応じてイベントを使い分けること、そして、入念な事前準備とイベント参加後のフォローを行うことが重要です。この活動により、「合格レベルにつながる情報収集」への成功の可否が分かれます。

■少人数制イベントでは、あなたのことを理解してもらうことが参加目的であることを意識する!

④在校生とのカジュアルチャット(Q&A)
⑤入学審査官とのQ&A もしくは One to One Consultation

これらのイベントは、「少人数」で開催されます。参加者は、1人から数人単位で実施されることが殆どです。少人数である分だけ、予約が埋まりやすくなります。そして、こちらのイベントでは、参加者の積極性が求められます。なぜならこのイベントの目的は、あなたのことを在校生/卒業生/入学審査官に印象づけることだからです。

このイベントで最低限準備すべき事項を記します。

A.ビジネス上での自己紹介
B.具体的な質問の準備
C.今後のコミュニケーション方法の確認

A.ビジネス上での自己紹介-相手に自分を正しく理解してもらう/相手を理解する準備が重要-

特定の学校のミーティングルームに入室すると、他参加者とパネリストと交流ができるようになります。簡潔に自分のプロフェッショナルバックグラウンドと今回のQ&Aセッション参加の目的を述べることはマナーの1つです。

また、予めパネリストのバックグラウンドが分かっている場合には、相手を事前に理解することも重要です。学校関係者でしたら、MBAプログラムのwebsiteにベーシックな情報は掲載されていますし、在校生や卒業生であればlinkedin などビジネス上のSNSに簡単にアクセスすることが出来ます。

相手に自分を正しく理解してもらう/相手を理解する準備が、イベントの中で参加者やパネリストとの適切なコミュニケーションに繋がります。

B.具体的な質問の準備

このイベントの目的は、「聞きたいことを聞くこと」にあります。他の参加者の質問から新たな気づきを得られることも、もちろん重要ですが、あなたの質問が他の参加者に同じように新たな気づきを与えることにも貢献すべきです。そして何よりも、その質問により得られる情報があなたのプログラムへの合格の可能性に影響を与えることを忘れないでください。

イベント参加の目的は、入試のプロセスにおいて、出願先プログラムへの興味を伝える上で必要な情報収集、特に、あなたがそのプログラムで起こすことができる違い(貢献)を明確にすることです。さらに、パネリストとのコミュニケーションを重ねていくことは、出願プロセスの中の1つであるインタビューの事前練習であるともとらえることが出来ます。

例:クラスの実際の様子をしりたいのであれば、興味あるクラスの事前リサーチを行っておきましょう

各学校のカリキュラム、クラスシラバスに目を通し、興味あるコースのリストアップとその中で知りたいことの整理が必要です。
その際の情報源としては、各学校の公式サイトだけではなく、student blogや日本人在校生による非公式にアクセスすると実際の受講者の経験談、感想などを得ることができます。詳細はMBA 効果的な学校説明会の活用方法をご覧ください。

チェックポイント:
あなたのその質問は、あなたの出願者としての魅力を高めることにつながるか?(プログラムへの貢献をつたえることにつながるか?)常にこの意識を持って臨むことが重要です。

C.今後のコミュニケーション方法の確認

イベント後も皆さんに有益な情報提供をしてくれるサポーターを探す事も意識ください。イベントで出会った方の氏名/卒業年度/業界や職種/連絡先のメモを必ず取るようにしましょう。限られた時間、かつ他の参加者もいる中で、質問しきれなかったこと、もしくは、イベント後に新たなに思い付いた質問に追加で回答いただける方を探すことはとても重要です。

ビジネスマナーとして、イベント参加後、連絡先を交換できた方には、簡潔にお礼とイベントを通じて具体的な志望動機が高まったことを伝えておくことも忘れないように。

2021年の入学を目指す皆さんにとっては夏は志望校リサーチの山場です。準備項目がぐっと増えてくる時期でもあります。どうぞ時間を有効活用くださいね

Chizuko Okada

US Top100 MBAプログラムの秋学期のクラス運営方法について

【Poets and Quants】

各主要校の秋学期のクラス運営が発表されました。
7月はコロナウィルスの影響を受けて、学校がオンライン授業を提供する場合の留学生のUS滞在について対応に対して、アメリカ政府の方針と学校側の主張が対立し混乱しましたが、7/24時点で、アメリカ移民局より100%オンラインでの授業提供であってもUSに在籍している留学生のUS滞在を許可する発表が出されました。

ただし、以下にある通り、現時点では、2020年秋学期の入学者で学校の授業運営が100%オンラインの場合は入国ができません。

“In accordance with March 2020 guidance, nonimmigrant students in new or initial status after 9 March will not be able to enter the US to enroll in a US school as a nonimmigrant student for the fall term to pursue a full course of study that is 100% online.”

https://monitor.icef.com/2020/07/us-immigration-confirms-new-international-students-cannot-enter-the-us-for-100-online-studies/

【各MBAプログラムの秋学期からのクラス運営について】

多くの学校は、hybrid model(キャンパスでの授業とオンラインのミックス)を採用する傾向が高くなっています。各学校が工夫をしながら
授業提供の準備を行っている様子が、以下の記事から読み取ることができます。

(3ページ以降に各学校の対応方針が記載されています)

https://poetsandquants.com/2020/07/20/fall-2020-reopening-plans-at-the-top-100-u-s-business-schools/

Chizuko Okada

【MBA在校生レポート】Harvard在校生に聞いたコロナ渦での留学生活

新型コロナウィルスの影響により、HBS学校生活も大きく変わることとなりました。その状況をお伝えできればと思います。

授業への影響、学校の対応状況

<春学期>
3月の春休み以降、全ての授業がOnlineでのライブ授業となりました。また、5月に実施される予定であったFGIと呼ばれる発展途上国でのコンサルティングプロジェクトもキャンセルとなりました。オンラインに移行したため、93から94人にも及ぶRequired curriculumのクラスメイトと直接的に顔を合わせることは少なくなったことは少々残念でした。

一方で、HBSはオンラインであっても対面の授業に極力変わらないよう、様々なアプローチで学生をサポートしています。HBSは、ケースメソッド形式を取り入れており、また成績も相対評価であることから、学生は授業中にディスカッションを高める発言をすることが求められております。学生の間ではオンラインに移行することによる発言点への影響を不安視する意見も聞かれましたが、HBS側は①相対評価の最下位評価の縮小、②Zoomの機能を最大限に利用した授業の展開(手を挙げる機能、ブレイクアウトルーム、Pollによる投票機能)、③その他自国に帰国に帰国した学生や子持ちの学生に対する授業内外でのサポートを実施し、結果的には授業の質が維持された印象があります。

個人的には、ファイナンスなどの科目は、自身で作成したモデルを参考にしながら授業に臨めるため、授業への理解が大きく飛躍した印象があります。一方で、リーダーシップ関連などのソフトスキル養成の科目は、学生間の発言に対する情熱が伝わりづらく、臨場感に欠けた印象がありました。

<秋学期>
HBSの場合、秋学期に学校に戻るか、または1年~数年間、学校に戻ることを遅らせることができるDefer制度を導入しております。実際のところ、9割以上の学生が学習を継続する予定ですが、一部の学生はライブ授業やその他HBSのネットワーキングの側面を重要視し、Deferの選択するようです。
HBSはハイブリッド方式の授業を選択しており、オンラインとハイブリッドクラス(ライブ+オンラインが交互)の選択をすることとなります(2年生)。

インターン
私の周囲では、ファイナンス関連のインターンで一部キャンセルが出たと聞いておりますが、大手の企業の選考には特段影響がない印象です。それはコロナの影響が出始めたのが3月ごろであり、大方の大手企業の選考が終了していたことが背景にあると思います。コンサルティングファームなどでは、インターン自体が選択式となったほか、無条件にフルタイムのオファーを付与する動きもありました。

今感じていること&メッセージ
コロナウィルスによる影響やそれに関連した米国政府による様々な規制など、若干ネガティブな情報もみられましたが、夫々のビジネススクール毎に様々な対策を継続しながら留学生の環境を整えようとしております。

HBSについては、学校側の学生とのコミュニケーションの取り方を拝見する中で、危機状況下でどの様に組織を前に進めていくのかを目の当たりにしました。このような状況下だからこそ、私たち留学生はただ待っているだけではなく、進んでリーダーシップを取る必要がありますし、それが求められているのだと感じました。コロナ前のような学業や課外活動に忙しい日々が懐かしまれますが、ポストコロナの生活様式に適応しながら、より深い人間関係を構築していきたいと思っております。

秋学期の様子

春学期の様子

Chizuko Okada

Stanford Opens Door To Deferrals For International MBA Admits/学生ビザ取得が必要な合格者に対して入学延期を認める方針発表

【PoetsandQuants】
Stanford MBA はUS入国に際してコロナウィルスの影響により、学生ビザ取得が必要な合格者に対して、入学延期を認める発表を行った。
入学延期希望者は7/22までに学校に申請することが求められる
入学延期が認められると合格者は2021年もしくは2022年入学を選ぶことができる

JULY 22 DEADLINE FOR DEFERRAL REQUESTS

Moss, an assistant dean of admissions & financial aid at Stanford GSB, set a deadline of July 22 for international students to request a deferral, pledging to respond to all requests within five days by July 27th. “We will not be considering deferral requests for those students who need a visa after July 22,” she added. “While we want you to have ample time to reflect on your enrollment options, we also need to finalize the Class of 2022 to prepare for the Autumn quarter. Consistent with our usual deferral approach, we will still consider other deferral requests, (such as those due to unexpected health challenges or compulsory military service), after July 22nd on a case-by-case basis.”

The complete email from Moss follows:

I hope that you and your loved ones are safe and healthy. Despite our expectations that embassies would begin opening in July, many continue to offer limited visa services. We recognize the stress this has caused for international students who need a visa to travel to Stanford, and we want to support you during this challenging time.

We know that obtaining a visa is out of both your and Stanford’s control, and we also cannot predict when embassies will resume regular operations. Given this uncertainty, we are offering those admitted students who need a visa to travel to Stanford the opportunity to defer enrollment. If you request a deferral, you may choose to enroll either in the fall of 2021 or the fall of 2022.

If you would like to defer your enrollment, you must apply for a deferral by Wednesday, July 22nd, and we will respond to your request by Monday, July 27th. We will not be considering deferral requests for those students who need a visa after July 22nd . While we want you to have ample time to reflect on your enrollment options, we also need to finalize the Class of 2022 to prepare for the Autumn quarter. Consistent with our usual deferral approach, we will still consider other deferral requests, (such as those due to unexpected health challenges or compulsory military service), after July 22nd on a case-by-case basis.

You are invited to join me on Thursday, July 16th at 8:00 AM PST for a Zoom call to discuss this deferral opportunity and address any questions you may have. If you are unable to attend, this session will be recorded and posted on MyGSB.

I want to applaud several of your classmates for surveying international students and providing insights on the concerns students have regarding their academic, career, and social experience if they need to begin the MBA program online. Dean Hayes will be sending a follow-up communication which describes the GSB’s plans for the fall and addresses some of these concerns. She also will be joining me on the call Thursday.

We are committed to you becoming part of the Stanford community – whether you choose to enroll this fall or in the future – and will continue to serve as a resource for you as you consider the options. While we respect that some people may decide to defer, our sincere hope is that many of you will begin your MBA journey this fall. The world needs leaders now, those who are impassioned to change lives, change organizations and change the world. We are excited to collaborate with you as you develop lasting skills during this extraordinary moment in history.

All my best,

Kirsten Moss
Assistant Dean of MBA Admissions and Financial Aid

記事はこちら
https://poetsandquants.com/2020/07/16/stanford-opens-door-to-deferrals-for-international-mba-admits/?pq-category=business-school-news