ウェビナー:アジアMBAの魅力と可能性・ポストコロナ注目の留学選択肢 4/21開催

例年当校で開催しているアジアMBA夏祭りの共催のパートナーである一般社団法人アジア留学協会代表・梶並千春さんによるセミナーのご案内です。日本認定留学カウンセラー協会(JACSAC)の主催のセミナーになりますが、会員以外の方でも参加可能です。アジアMBAに興味がある方、ぜひご参加お待ちしております!

「アジアMBAの魅力と可能性・ポストコロナ注目の留学選択肢」

日時 2021年4月21日(水)17:00-18:00
方法 オンライン(Zoom)にて
参加費 無料
内容
・一般社団法人アジア留学協会とは?
・なぜ今MBA留学?
・欧米でなくなぜアジアなの?
・アジアMBAの現状
・各エリア(シンガポール、香港、中国、台湾)MBAプログラムの特色
・MBA留学後のキャリア

セミナーの詳細および予約はこちら
https://www.jacsac.org/schedule/2021/03/mba.html

Chizuko Okada

Covid-19渦でのMBA学生のソーシャルライフについて

6 Ways To Make The Most Of The Covid MBA Experience

2/6付のPoets and Quantsに面白い記事が掲載されていました。
Coronavirus has changed the MBA experience. But it doesn’t have to ruin it

今回は皆さんにとって参考になりそうな点を記してみます。

■コロナ渦においてもネットワーキングをMBA学生は価値を置いている

Stanford大学組織行動学教授のリサーチによると、「選択肢が限られているとき、人はより多くの多様な解決策を生み出す」ことが示されています

これまでのようにface to faceコミュニケーションを図ることは難しくなりましたがバーチャル上でのネットワーキングは非常に活発です

-Virtual tours of the school & town for international students who could not make it to campus;
-Small outdoor socially distanced get togethers (e.g., BBQs);
-Virtual (and in-person outdoor) workout classes taught or hosted by classmates;
-Virtual (and in-person) small group volunteering events for local charities;
-Voting drives for the November Elections

ユニークな事例がいくつか掲載されていますが、その中でMBA時受験生にとても有益な情報がありましたので紹介します。

At Duke University’s Fuqua School of Business, Fuqua MBA Association Co-President Mike Treiser recognized a potential concern among onboarding the incoming Class of 2022 MBA students due to the constraints of Covid-19. Working alongside admissions personnel and numerous other Fuqua administrators, they set up weekly virtual onboarding events for their incoming MBA students on topics ranging from life in Durham, how the Administration was handling changing safety regulations, and how incoming students could prepare for business school. The responses of these sessions were overwhelmingly positive from both students and administrators. Even after things return to normal, Fuqua still hopes to utilize this approach.

留学を検討されている皆さんにとって、MBA留学に対して不安になることもあるでしょう。この時期だからこそ、皆さんが目指しているMBAコミュニティに対しての理解を深めていただきたいと思います。そしてそのコミュニティにアクセスすることをお勧めします。上述のように皆さんの考える以上にサポーティブなコミュニティが皆さんを待っています。そして、オンラインコミュニティだからこそ気軽にアクセスできることもぐっと増えています。

https://poetsandquants.com/2021/02/16/6-ways-to-make-the-most-of-the-covid-mba-experience/?pq-category=business-school-news&pq-category-2=students&utm_campaign=PQNL&utm_medium=email&_hsmi=111651915&_hsenc=p2ANqtz-_QjpW0V9330SEiyMC2CG8f_jHUYBBZyUbYkSKsrtWfgiFCRy16hqDpYXl29AAzBObJ0aHJg36QbRtvOkBHHkI5EllCCQ&utm_content=111651915&utm_source=hs_email

Chizuko Okada

アジアMBA各校 日本人進学数(2020年版)

長年にわたり、「アジアMBA夏祭り」を共催させていただいているアジア留学協会の方から「主要アジアMBA各校 日本人進学数」2020年の調査結果を共有いただきました。
さらに2020年入学者の調査おに加えて、アジアMBA各校 日本人進学数(Full-time)の推移調査についても公開されております。

・日本人進学数は全体的に例年より少なめ
新型コロナウィルスの影響が出ているためか、アジアMBA全体への日本人進学数は例年より少な目です。ただし、この傾向はアジアMBAだけではなく、
全体のMBAプログラムと共通する傾向です。こちらは一過性の傾向であるので、この点は留意ください。

・年々高まるアジアMBAプログラムへの日本人進学者の増加
2011年以降の約10年にわたる日本人進学者の推移をみると、各学校により個人差はあるものの多く学校で進学者の増加がみられます。

詳細はこちら
https://asia-study.org/mba/japanese2020/

注目されているアジアMBAについて情報収集!
アジア留学協会のwebには多くのアジアMBA留学情報が満載です。ぜひアクセスしてみてください
https://asia-study.org/

Chizuko Okada

MBA 効果的な学校説明会の活用方法

5月の連休明けから、次々にHarvard, Chicagoなどのトップスクールが今年の出願に向けた締め切り日やエッセイ課題を発表し始めました。

1stラウンドを目指す方にとっては、これまで進めてきた学校調査から得た情報を、出願書類にどう落とし込むかの準備開始、そして2ndラウンドを目指す方にとっては、いよいよ学校調査の本格開始時期となりました。

この準備プロセスを効果的に進めていく上で欠かせない活動が学校説明会への参加です。本日は学校説明会の活用方法について解説します。

アゴスでも学校説明会のご案内を発信しております。ぜひ情報収集にご活用ください。
https://www.agos.co.jp/blog/news/category/agos-school-seminar/

■説明会参加前の準備と、説明会後のフォローの重要性

人気校であるほど、参加者数が多いので、受身な姿勢で説明会に参加すると、新しい情報を得ることができずに終わってしまうことがあります。また、プレゼンター側の方も自分の質問だけになかなかフォーカスしてくれないというのも実状です。だから事前準備と説明会後のフォローが重要になるのです。

◇事前準備について

①自分を知ってもらうために自分の経歴を整理し、Resume作成を開始する

相手に印象付けるためには、自分の学歴/職歴のハイライトを記すResumeの準備を開始することです。また、皆さんがResume準備を通じて、自身の経歴を整理し始めるということは、その後の出願プロセスで必要となるエッセイ作成の下準備にもつながります。

※Resume作成にあたり、コンサルタントからアドバイスを受けてみませんか?

MBA出願戦略コンサルティング レジュメ作成クイックアドバイス実施中
(参加にあたり英文レジュメを準備ください)

②基本的な情報は事前に調査する

トップスクールであればあるほど、豊富な情報をweb上で提供しています。授業の取り方、提供コース、卒業生のキャリア情報、入学審査情報はすべて公開されています。こういった基本情報そのものを学校説明会で質問することは推奨でません。

在校生による非公式サイトを活用する 在校生の視点でクラスの情報を分かりやすく提供しています

③効果的な質問を用意する

原則1:あなたの質問は、自分の合格の可能性を高める質問になっているか
原則2:抽象的な質問を避けること

よくない質問例:評論家の視点が強い質問

あなたの学校は日本からの出願者に何を期待しますか?
→あなたの特徴は日本人というカテゴリーしかないのでしょうか?この質問はあなたの出願書類を高めるうえでどう役立ちますか?

A校とあなたの学校の違いを教えてください
→学校が関心があるのは、あなたがうちの学校で何を得たいか?です。こういった質問からは、あなたがその学校に強く興味があるという印象を与えません。

良い質問例:主語を常に私に置いた具体的な質問

私はあなたのXというコンサルティングプロジェクトに興味があります。特に、私はA業界に関わるプロジェクトに入りたいのですが、
学生の希望は専攻にどの程度考慮されるのですか?
→相手には、あなたが何に興味があるのかがクリアに伝わり、学校への意欲を感じることができます。

原則3:正しい相手に質問をすること

当たり前のことではありますが、意識しておくことが重要です。

入学審査官は、在校生ではなく、教授ではないので、コースの詳細を述べることを得意としていません。
卒業生は入学審査官ではないので、入試情報について最新情報を提供する方ではありません

元トップスクールのアドミッションディレクターを勤めていたMendanによる学校説明会参加時のアドバイスです。あなたという存在を、相手にどう理解してもらうか、を意識した行動をとりましょう
Standing Out at Admissions Events

◇参加後のフォロー

説明会で交流することができた方に、その方とのコミュニケーションの中で新たに得ることができた情報から、学校に対して共感した点とお礼を述べましょう。
その上で、その後個別にコミュニケーションを開始する体制を整えることが重要です。

説明会に参加いただく在校生や卒業生の方は、皆さんが想像する以上に協力的です。そういった方とネットワーキングを図ることは、その学校の在学時だけではなく卒業後もつながるコミュニティの様子を理解することにつながります。このプロセスの継続が、その学校のコミュニティの持つカルチャーを理解できることにつながります。

Chizuko Okada

2018-19 Essay Changes

There were a number of application changes among the top business schools in the 2018-2019 MBA application season. MIT required an organizational chart; other top programs such as Wharton, Booth and Cornell also changed some of their essay prompts towards behavioral questions. These types of questions prompt applicants to demonstrate self-reflection, which serves to clarify why the next chapter in your life (which is the MBA experience) is so important. 

Wharton asks the question – “Describe an impactful experience or accomplishment that is not reflected elsewhere in your application. How will you use what you learned through that experience to contribute to the Wharton community?”

Booth’s application in the past have often included an unorthodox question like pick a picture out of six and explain why it resonates with you. This year’s essay set included the prompt – “Chicago Booth immerses you in a choice-rich environment. How have your interests, leadership experiences, and other passions influenced the choices in your life?”

Cornell Johnson’s new “Back of Your Resume” essay emphasizes that the Admission Committee wants to know you beyond your track record. In fact, Cornell states, “The front page of your resume has given us a sense of your professional experience and accomplishments as well as your academic summary and extracurricular involvement. If the back page reflects “the rest of your story,” please help us get to know you better by sharing the experiences that will give us insight into your character, values, and interests.” 

In posing these questions, the Admissions Committee provides opportunities for the applicant to reveal and share more than just his or her job. It provides an opportunity to articulate the events and experiences that have shaped your decisions and identity and how you will impact the community you hope to join. It is difficult to predict what to expect in the 2019-2020 MBA application essay sets but emphasis on self-reflection, on articulating why the MBA chapter is important is likely to continue.

Jumet

The Millennial Paradox

One thing MBA applicants (rightly) hear again and again is how important it is to really get to know your business school, but which ones do the best job of getting to know you as a prospective student? Every year, the Association of International Graduate Admissions Consultants (AIGAC) surveys MBA applicants on their experiences during the admissions process. Here are the most recent findings:

 http://aigac.org/for-media/application-survey/

Its worth keeping this information in mind as you determine your fit with your prospective schools, and also as you consider what you want them to know about you. What are your unique skills and experiences? What value will you add to the class? What makes you stand out among the crowd?

As you narrow down your list of schools, this is a good time to get on the mailing lists to keep up to date with any webinars, coffee chats in your city, or admissions events. The next step would be to reach out to current students and alumni to hear their first-hand experience of the programmes. Finally, if time and finances allow, visiting the school will give you insight into its culture and opportunities.

Faye

MBA School Selection: Examining Teaching Styles

People typically pursue an MBA because they are looking to improve their career opportunities. MBA programs can be compared based on attributes such as rankings, starting salaries, recruitment/ job placement opportunities, and net costs. While these attributes are valuable pieces of information, when narrowing down the school list, it is best not to focus on just the top few programs.  It is important to remain pragmatic and consider those schools that best meets your expectations and particular profile.

One attribute that is often overlooked in making school selection is teaching styles.  I would advise students to research the teaching styles of the different programs. There is the case study method, the experiential/action based learning method, and team-based focus of learning. Some schools will emphasize one method whereas many employ a combination of these methods.  It is important to find a program where the teaching method allows you to learn and thrive.

The case study method, often associated with Harvard, allows students to analyze and debate actual management challenges and make recommendations on actions that can be taken. This method relies on class discussions on a host of different views and tends to appeals to students who tend to be more outspoken and gregarious.

In recent years, schools have been added to experiential elements to the curriculum with increasing emphasis on hands-on activities such as industry-focused immersion experiences and conferences. Programs that favor this approach include Michigan Ross and Vanderbilt Olin. This approach may be favored by those who enjoy working in groups and want to see how businesses are managed in real-time.

Lastly, there is the traditional lecture method.  All MBA programs use this method but certain schools standout for their greater use. Lectures are often the most efficient method for teaching business concepts and theories with case-study and experiential learning both being more time consuming. Nevertheless, an academic environment where there is higher percentage of lectures may be more comfortable for some students.

MBA programs will incorporate all these methods when teaching the curriculum but there are significant variations between schools.  Consider your personal style and preferences as you begin the school selection process.

Posted by Jumet