LLM出願書類対策:Harvard編 Part-2 Personal Statementの重要性


今回は2020-21 Application Sample(昨シーズンのもの)使って、Personal Statementで求められることを一緒に考えていきたいと思います。
https://hls.harvard.edu/content/uploads/2020/09/Sample-2021-LLM-Application.pdf

The Personal Statement is an essential component of your application. It provides an opportunity for you to present ideas and demonstrate your writing ability to the Committee on Graduate Studies. Please limit your statement to no more than 1,500 words, anything exceeding this limit will be disregarded, Please note that footnotes do not count towards the overall word limit as long as they are limited to providing sources and citations.
Harvard Law Schoolに限ったことではありませんが、各スクールから指定される字数制限(Word Limit)は厳守してください。字数を指定し、その範囲内で自らの意見をまとめる力(ライティング力)も評価の対象となります。

The Personal Statement must be solely the product of your own efforts. We reserve the right to disqualify the application of a candidate who has submitted a Personal Statement written by, or with the help of, someone other than the candidate.

Personal Statementのドラフトを日本語で完成させ、翻訳会社に英訳を依頼する方法について質問を受けることがあります。”The product of your own efforts”の解釈として、自分でドラフトを作り上げる(第三者によるproof readingは除く)ようお願いします。第三者が英訳しますと、アドミッション側はアプリカントの英語力に関して評価のしようがありません。こうした行為は行わないようくれぐれもご注意ください。

Your personal statement should address both of the following questions specifically, with Part (A) constituting at least half of the total length.

(A) Briefly describe either an important issue in your field of interest or a current legal problem facing a particular country, region, or the world, and then propose a theoretical framework or a legal analysis or strategy to address this issue.

(B) Please tell us something about yourself- in particular, why you wish to pursue an LL.M degree at Harvard and how dosing so connects with what you have done in the past and what your plant to do in the future.

今回はPart (B)を取り上げます。

My wish to pursue an LL.M. Degree at Harvard Law School
→同校への進学理由が求められています。
→卒業後の目標を達成するため、同校には下記の専門分野が用意されています、
i) Criminal Law and Policy
ii) International and Comparative Law
iii) Law and Business
iv) Law and Government
v) Law and History
vi) Law and Social Change
vii) Law, Science, and Technology

さらに400以上に及び科目を以下のサイト経由で検索することが可能です。
https://hls.harvard.edu/dept/academics/curriculum/

How studying at Harvard connects with what I have done in the past and what my plan to do in the future.
→法曹分野でキャリアを形成しようと思い立った経緯(過去)
→アメリカでLL.M.を取得しようと思い立った経緯(過去から現在)
→My planとは、アプリカントが短期および長期目標を達成することで得られる、こうありたい/こうなりたい姿(ビジョン)に言及しています。このビジョンには自分の大切な価値観や考え方を反映されていることが重要なポイントです。その姿にたどり着くためのマイルストーンが目標になります。このビジョンを明確にすることで、そこへ辿り着くまでに具体的に数値化した目標やアクションプランを設定していきます。そのため、同校のApplication Form内では以下のような設問が出題されています。

Career plans: What are your career plans (both short-term and long-term goal) after your complete your graduate law studies?

以下のように解釈ください

Current occupation: _______
Year 1-3:短期目標        
Year 4-6:中期目標        
Year 7 and beyond: 長期目標   

Please elaborate on your plans. In which country (or countries) do you intend to pursue your career? (Please limit your response to no more than 1500 characters.)

Application を作成する上では、複数の書類でLL.M.取得後の目標について記述するといった重複する行為は回避しなければなりません (Personal Statementで短期目標等を言及する必要はありません)。

同校を卒業した学生がLegal Professionalとして、さらなる成長を遂げるための原動力として、ビジョンを描く力がを求めていることが読み取れます。法曹界におけるリーダーを育成する同校の教育方針がエッセイ課題に反映されています。

Eiki Satori

Harvard Kennedy School 2021-2022出願向けオンライン学校説明会開始

Harvard Kennedy Schoolの2021-2022出願向けオンライン学校説明会開始しました。いよいよ本格的な学校調査の開始の時期です。
日本から参加される方は時差を意識する必要がありますが、オンタイムで参加が難しい方も過去の説明会の様子はアーカイブから確認することが可能です。

※時間は東部時間(Eastern Time)表記です。日本時間ではありませんので、ご注意ください
Admissions and Financial Aid Information Session: One-year Mid-Career MPA Program (including Mason Fellows)
June 3 | 4 p.m. ET

Admissions and Financial Aid Information Session: Two-Year Master’s Programs
June 15 | 10 a.m. ET

Master’s Programs Information Session
June 8 | 10 a.m. ET

June 24 | 12 p.m. ET

上記説明会の詳細および予約、過去の説明会アーカイブの視聴はこちら
https://www.hks.harvard.edu/admissions-aid/masters-program-admissions/admissions-events/virtual-sessions

Chizuko Okada

2021-2022 Harvard MBAエッセイ課題発表 Top MBAゼミシリーズでその対策をおさえる


先日の出願締切日発表に続き、2021-2022シーズンのエッセイ課題は2020-2021シーズンと変更なしであることが発表されました。正式な出願用のアプリケーションは6月中旬にアップされる予定ですが、現時点では、 Application Guideをダウンロードすることをお勧めします。

Harvard MBA Essay 

“As we review your application, what more would you like us to know as we consider your candidacy for the Harvard Business School MBA Program?” (no word limit)

2022年MBA留学に向けて 書類作成戦略と学校調査の開始の重要性

Harvardに続いて、多くの学校の募集要項やエッセイ課題が今後発表される予定です。志望校合格にむけて5月以降は準備事項が増えてきます。
正しい方法で、学校調査、書類作成戦略を練ることが、合格の質を高めるうえで重要です。

Top MBAゼミシリーズ

M7(US) Europe Top MBAに特化した出願傾向とその対策を理解するために、この度新設いたしました。
各学校の特徴を理解し、学校調査、書類作成に向けた調査をどのように進めていくか、そのアプローチ方法を理解することを狙いとします。

ゼミの中で扱う内容:
-各校の応募基準の分析
-各校の出願書類の分析
-各校の合格に必要な学校調査のアドバイス

開催日
Harvard /Stanford       5月16日 Sun 15:00-16:30
Wharton/Columbia     5月22日 Sat 15:00-16:30
Kellogg /Chicago/MIT     5月29日 Sat 13:00-14:30
INSEAD/LBS                                5月29日 Sat 15:00-16:30

詳細はこちら
https://www.agos.co.jp/pdf/TopMBASeminarSeries.pdf

ご興味のある方は、ぜひ当校までお問い合わせください。

Chizuko Okada

出願書類対策:Harvard Law School編 Part-1 推薦状の重要性

みなさん、こんにちは。前回はHarvard Law Schoolの出願締切日についてご案内いたしました。また、同校HPからは2020-21 Application Sample(昨シーズンのもの)をダウンロードすることができますので、本日はこちらの情報を用いて今後の準備を一緒に考えていきたいと思います。
https://hls.harvard.edu/content/uploads/2020/09/Sample-2021-LLM-Application.pdf

多くのアプリカントの方々からは、「テストスコア以外のことに目を向ける余裕があまりないので・・・」という声も聞こえてきそうですが、少しの作業量でも構いません。自らの出願プランに書類準備の時間設けていただけると嬉しい限りです。

APPLICATION REQUIREMENTS

You will need to upload your Personal Statement and CV/résumé and pay your application fee in order to submit the online application form. Please follow the instructions below regarding submission of your transcripts and diplomas, LSAC report (if you are using this optional service), recommendations, and official TOEFL report. You are responsible for assembling and submitting all of the credentials necessary for evaluating your application, and for making sure that all materials are received by the deadline.

同スクールへ出願する際は、大学独自の出願サイト経由で書類を受け付けていることから、Law School Admissions Council (LSAC※)の出願代行サービスは“オプション“となります。他校は、LSAC経由での出願で対応するケースが大多数を占めております。

よく読んでいくと、Harvardの注意事項として以下が見られます。
Please note: We do not accept recommendations through this service.

これは、推薦状以外の書類はLSAC経由で受領するという意味です。LSACから提出する推薦状はGeneral Type (LSACのサービス内で左記のように定義済)で、推薦文には具体的な校名にも言及せず、全校共通のものを使いまわすタイプです。そうした性質を理解した上で上記の見解を発表していることを考えますと、Harvardの出願書類における推薦状は大切な役割を担うことが想像できます。

推薦状の重要性

推薦状を通じて、出願者の強みとして何を優先して伝えるかを意識して整理することが重要です。一方で、推薦状だけで出願者の強みを伝えるわけではないので、他の書類も有効活用することも重要です。「書類の作成時期は先の話だから・・・」と作業を後回しにせず、この時期から徐々に準備を進めていくことが、推薦状も含めた質の高い出願書類を学校に提出することにつながります。

※LSAC LL.M. CREDENTIAL ASSEMBLY SERVICEとは
当サービスでは成績表(大学・法科大学院・司法研修所・交換留学先で発行された)とIELTSやTOEFLスコア、さらには推薦状を指定されたLL.M.プログラムへの提出を代行してくれます。

【Zoomにて開催】2022年トップLLM入学希望者対象  出願戦略コンサルティング個別クイックアドバイス~5月の出願戦略について~
https://www.agos.co.jp/onlineservices/modules/eventreservation/index.php?op=view&eid=8056

Eiki Satori

2022 Harvard MBA出願締切発表

2022年MBA留学を目指す皆さんん、5月の連休はどのように過ごされましたか? Harvard MBAにおいて2022年入学むけの出願締切が発表されました。

The application dates for the MBA Class of 2024 (matriculating fall 2022)
APPLICATION PERIODS: APPLICATION SUBMITTED ONLINE BY 12 NOON BOSTON TIME NOTIFICATION OF THE MBA ADMISSIONS BOARD’S DECISION
ROUND 1 08 SEP 2021 09 DEC 2021
ROUND 2 04 JAN 2022 30 MAR 2022

詳細はこちら
https://www.hbs.edu/mba/admissions/Pages/application-dates.aspx

学校説明会参加のすすめ

5月からは本格的な学校調査開始の時期

情報提供の機会として数多くのinformaton sessionが開催されています。特定の産業に興味がある方向け、特定の地域の方に特化したイベントなど多くの種類があります。ぜひ興味があるイベントに参加してみてください。

HBS Perspectives From Japan

Thursday, June 3, 2021 at 9:00 PM until 11:30 PM Tokyo Standard Time

説明会の活用方法について

Virtual information sessionの活用方法-合格につながる活用方法とは

MBA 効果的な学校説明会の活用方法

Chizuko Okada

 

2022年入学用Harvard LLM Program出願締切発表!

Harvard Law Schoolが、2022年入学用の出願締め切り日を発表しました。
https://hls.harvard.edu/dept/graduate-program/llm-application-deadlines-and-materials/

2021年12月1日 (at 11:59pm アメリカ・東部時間) テストスコアを含めた出願書類の提出期限厳守です。

Application Materials

Online application form
CV/Resume
Personal statement, parts (A) and (B)
Transcript(s) (including diplomas for all degrees that have been received)
Recommendations (at least two)
Official TOEFL report (if applicable: please note that we do not accept MyBest™Score reports)
Financial Aid application (if applicable)
Application fee of US$85

HLSへの出願を視野に入れている方は、12月1日の出願締切から逆算して①学校へのスコア通知のタイミングも睨んだ上でのTOEFLの最終受験日の確認②出願書類作成スケジュール(CV/Resume, Personal statement, Recommendation letters)、大学以降の成績証明書の手配のタイミングの確認が必要です。他校と異なりHLS はLaw School Admissions Council (LSAC)の出願書類提出サービスを経由せず、独自のon-line application から出願が必要です。

【Zoomにて開催】2022年トップLLM入学希望者対象  出願戦略コンサルティング個別クイックアドバイス~5月の出願戦略について~

https://www.agos.co.jp/onlineservices/modules/eventreservation/index.php?op=view&eid=8056

Eiki Satori

Harvard Kennedy School 2020-2021出願においてGMAT/GRE Policyアップデート

10/6にAdmission blogにてHarvard Kennedy School 2020-2021出願にむけたテストスコア提出ポリシーの変更が発表されました。以下をよく読んで、出願先のプログラムの要件の理解を深め、そのうえで、自分はどのような方法をとることが最適であるのか、出願戦略を考えることをお勧めします。

Harvard Kennedy School 2020-2021 GRE/GMAT Test Score Policy for 2021 Admission Consideration

Master in Public Policy (MPP)

Standardized tests are just one component of our holistic evaluation process, but we have found GRE or GMAT scores to be an effective way for applicants to document their preparation for the quantitative elements of the MPP core curriculum. We continue to believe that the GRE or GMAT is an important component of the MPP application and expect that applicants who have the ability to take the GRE or GMAT—or who already have valid scores no more than 5 years old—will submit scores accordingly. →この表現からテストスコアは審査において重要な位置付けてあることが記されています。
However, in light of this year’s exceptional circumstances HKS will consider applications to the MPP program, for the 2020-21 admission cycle only, without GRE or GMAT scores. Applicants who face major coronavirus pandemic-related obstacles to submitting scores should provide a brief explanation in the optional statement.

Two-Year Master in Public Administration (MPA)

Standardized tests are just one component of our holistic evaluation process, but we have found GRE or GMAT scores to be an effective way for applicants to document their preparation to be able to succeed in quantitative coursework. We continue to believe that the GRE or GMAT is an important component of the Two-year MPA application and expect that applicants who have the ability to take the GRE or GMAT—or who already have valid scores no more than 5 years old—will submit scores accordingly. →この表現からテストスコアは審査において重要な位置付けてあることが記されています。
However, in light of this year’s exceptional circumstances HKS will consider applications to the Two-Year MPA program, for the 2020-21 admission cycle only, without GRE or GMAT scores. Applicants who face major coronavirus pandemic-related obstacles to submitting scores should provide a brief explanation in the optional statement.

Master in Public Administration in International Development (MPA/ID)

GRE or GMAT scores are required of all applicants to the MPA/ID program, as they have been found to be useful indicators of potential success in the quantitative and analytic coursework in the MPA/ID core curriculum. Results must be less than 5 years old as of the application deadline. In general, you are most competitive for admission if you score in the 75th percentile and above on the GRE or GMAT quantitative section.→特にMPA/IDプログラムの特長としてquantitative sectionが重要となります

However, we understand it may prove impossible for some applicants who have not already taken these standardized tests to take them under current pandemic conditions. If you think you are in this category, contact us with a brief explanation of your circumstances that preclude taking the test. You may send your email to mpaid_program@hks.harvard.edu.

Mid-Career Master in Public Administration (MC/MPA and MC/MPA Mason)

Harvard Kennedy School is offering a temporary suspension of the GRE or GMAT test score policy for all applicants to the Mid-Career MPA program, due to the unique challenges brought on by the coronavirus pandemic. For the 2020-21 admission cycle only, GRE or GMAT score submission will be optional for applicants to the Mid-Career MPA program. Applicants may, if they choose, submit GRE or GMAT scores for consideration in the application process, but test scores are not required.

https://hksadmissionblog.tumblr.com/post/631261704288911360/2021-application-long-term-planning-series-post

Chizuko Okada

【MBA在校生レポート】Harvard在校生に聞いたコロナ渦での留学生活

新型コロナウィルスの影響により、HBS学校生活も大きく変わることとなりました。その状況をお伝えできればと思います。

授業への影響、学校の対応状況

<春学期>
3月の春休み以降、全ての授業がOnlineでのライブ授業となりました。また、5月に実施される予定であったFGIと呼ばれる発展途上国でのコンサルティングプロジェクトもキャンセルとなりました。オンラインに移行したため、93から94人にも及ぶRequired curriculumのクラスメイトと直接的に顔を合わせることは少なくなったことは少々残念でした。

一方で、HBSはオンラインであっても対面の授業に極力変わらないよう、様々なアプローチで学生をサポートしています。HBSは、ケースメソッド形式を取り入れており、また成績も相対評価であることから、学生は授業中にディスカッションを高める発言をすることが求められております。学生の間ではオンラインに移行することによる発言点への影響を不安視する意見も聞かれましたが、HBS側は①相対評価の最下位評価の縮小、②Zoomの機能を最大限に利用した授業の展開(手を挙げる機能、ブレイクアウトルーム、Pollによる投票機能)、③その他自国に帰国に帰国した学生や子持ちの学生に対する授業内外でのサポートを実施し、結果的には授業の質が維持された印象があります。

個人的には、ファイナンスなどの科目は、自身で作成したモデルを参考にしながら授業に臨めるため、授業への理解が大きく飛躍した印象があります。一方で、リーダーシップ関連などのソフトスキル養成の科目は、学生間の発言に対する情熱が伝わりづらく、臨場感に欠けた印象がありました。

<秋学期>
HBSの場合、秋学期に学校に戻るか、または1年~数年間、学校に戻ることを遅らせることができるDefer制度を導入しております。実際のところ、9割以上の学生が学習を継続する予定ですが、一部の学生はライブ授業やその他HBSのネットワーキングの側面を重要視し、Deferの選択するようです。
HBSはハイブリッド方式の授業を選択しており、オンラインとハイブリッドクラス(ライブ+オンラインが交互)の選択をすることとなります(2年生)。

インターン
私の周囲では、ファイナンス関連のインターンで一部キャンセルが出たと聞いておりますが、大手の企業の選考には特段影響がない印象です。それはコロナの影響が出始めたのが3月ごろであり、大方の大手企業の選考が終了していたことが背景にあると思います。コンサルティングファームなどでは、インターン自体が選択式となったほか、無条件にフルタイムのオファーを付与する動きもありました。

今感じていること&メッセージ
コロナウィルスによる影響やそれに関連した米国政府による様々な規制など、若干ネガティブな情報もみられましたが、夫々のビジネススクール毎に様々な対策を継続しながら留学生の環境を整えようとしております。

HBSについては、学校側の学生とのコミュニケーションの取り方を拝見する中で、危機状況下でどの様に組織を前に進めていくのかを目の当たりにしました。このような状況下だからこそ、私たち留学生はただ待っているだけではなく、進んでリーダーシップを取る必要がありますし、それが求められているのだと感じました。コロナ前のような学業や課外活動に忙しい日々が懐かしまれますが、ポストコロナの生活様式に適応しながら、より深い人間関係を構築していきたいと思っております。

秋学期の様子

春学期の様子

Chizuko Okada

2021年LLM入学希望の方へ Early Review締切まで5カ月 効果的な準備方法を検討しましょう

コロナウイルスの影響は皆さんのLLM準備に影響を与えているものとお察しします。具体的には、TOEFL/IELTSテストの受験機会も限定される中で、思ったようなテスト対策プランを進めることが難しいというお声をよく頂きます。

一方で、Columbia, Harvardは2021年秋入学用の締め切り日を発表しました。Columbiaを例にとると、Early Reviewの締め切りは2020年11月1日です。そして夏場以降にかけて多くのロースクールにおいて出願情報が発表されます。上述の2校の発表内容から推察するに、出願締め切り日は例年と変わりがないと考えられます。

■11月の早期締め切り日を意識した準備プランが重要
来週からは6月へと突入します。11月のEarly Review出願締切日から逆算した5カ月間の活用方法の検討が重要です。特に、6月以降に仕事の繁忙期を迎える方々は、準備スケジュールを週単位で作成していくなど、常に一歩先を読んだ計画が必要になります。

■【Skypeにて開催】LLM専任出願戦略コンサルタントによる個別クイックアドバイス 実施中

個別クイックアドバイスでは、皆さんの現状把握、そして具体的なアクションプラン策定をサポートいたします。

-現状把握
テストスコア、学業/職務実績の両面からみたLLM出願者としてのcandidacyの把握
-出願準備の全体像を理解
-今後のアクションプラン作成
志望校/皆さんの現状にあわせた受験プランのご提案

ご予約はこちら
https://www.agos.co.jp/onlineservices/modules/eventreservation/index.php?op=view&eid=7386

Eiki Satori

Harvard Law School (HLS) LL.M. Deadlines: 2019-2020/早期出願準備計画の重要性

Harvard Law School (HLS)が2020年入学者用の出願締め切り日を発表しました。
The application deadline for the LL.M. class beginning in August 2020 is December 1, 2019, at 11:59 p.m., U.S. Eastern time.
https://hls.harvard.edu/dept/graduate-program/llm-application-deadlines-and-materials/

HLS に限らず、12月に出願締め切り日を設定するLL.M. トッププログラムは他にもいくつもあります。
同校へ出願有無に関わらず、トップスクールへの出願を検討する方は、12月に出願することを前提とした計画を策定してみましょう。
本日はその準備計画にについてアドバイスいたします。

考慮すべきポイント
1. 仕事の繁忙期
2. 繁忙期期間における準備計画のシミュレーション
3. テストの最終到達地点をシミュレーション
4. TOEFL/ILETSの受験日程の把握と予約
5. 出願書類準備に必要な時間と自身が確保できる時間の確認
6. 学術推薦状(Academic Reference)を執筆いただく推薦者の選定
7. 上司以外の推薦者との打ち合わせ機会
8. TOEFL/IELTSの目標スコアを設定
9. 出願時期(Early RoundもしくはRegular Roundでの出願)の確認
10. LSACの利用方法を確認し登録作業を終了

上記1-10の項目内容を確認した後に、現状のスコアを踏まえた上で下記出願書類の作成開始時期を策定していきましょう。

I. Resume/Curricula Vitae (CV)
II. Personal Statement (Essay)
III. Letter of Recommendation
IV. On-line application form
V. Interview (If necessary)
VI. Campus Visit (If necessary)

アゴス・ジャパンでは、2020年の留学を目指す方のためにLLM出願戦略コンサルティング 個別クイックアドバイスを実施しております。早期出願を実現するために、学校選択、書類作成戦略、レジュメに対してアドバイスを差し上げます。ぜひご活用ください!

Eiki Satori