2021-2022 UCLA MBA 出願締切日およびエッセイ課題発表

2021-2022 UCLA MBA 出願締切日およびエッセイ課題発表が発表されました

All applicants must apply to the MBA program online. Applications will be accepted for Fall 2022 starting August 1, 2021.

Deadlines & Decisions
Application Deadline Decision release date
Roud 1 2021/10/5 2021/12/14
Roud 2 2022/1/4 2022/3/22
Roud 3 2022/4/12 2022/5/17
Essays

We look forward to learning about your perspectives and plans via your essay responses. Essays complement the answers you provide throughout the application to show us your whole profile. The best applications are introspective, genuine and succinct in directly answering our questions and showing clear plans for the future.

A) Essay: For the 2021-2022 application year, we have one essay question that is required for first-time applicants and optional for re-applicants:

How have recent events influenced the impact you would like to make in your community, career, or both? (250 words maximum)

We welcome reflection on any events that influenced you in your personal or professional lives, or in society in general, and look forward to learning about specific ways you want to leave your mark.

B) Optional Essay: No preference is given in the evaluation process to those who choose to respond to this optional essay, so please use your best judgment:

Are there any extenuating circumstances in your profile about which the Admissions committee should be aware? (250 words maximum)

Reapplicants

Reapplicants are those who applied to the MBA program within the last two application years, so those who applied three or more years ago are considered new applicants.

Reapplicants may answer one or both of the essay questions above as options, and they must provide additional updates within text boxes given in the application for any new test scores, career developments, or other changes since their last application.

詳細はこちら
https://www.anderson.ucla.edu/degrees/full-time-mba/admissions

Chizuko Okada

2021-2022 Kellogg MBA 出願締切日発表

2021-2022 Kellogg MBA 出願締切日が発表されました。Early Julyにオンラインアプリケーションがアップされる予定です。

Application deadlines

Round 1: September 15, 2021
Round 2: January 5, 2022
Round 3: April 6, 2022

Decision deadlines

Round 1: December 8, 2021
Round 2: March 23, 2022
Round 3: May 11, 2022

Kellogg’s 2022 Full-Time MBA Application: What You Need to Know

Chizuko Okada

2021-2022 Wharton MBA 出願締切日発表

Wharton MBAの2021-2022 Application Timeline & Deadlinesが発表されました

Application Deadline Interview Invitations Decisions
Round 1 September 8 , 2021 October 27, 2021 December 15, 2021
Round 2 January 5, 2022 February 14, 2022 March 23, 2022
Round 3 March 30, 2022 April 14, 2022 May 10, 2022

 

詳細はこちら
https://mba.wharton.upenn.edu/application-timeline-deadlines/

Chizuko Okada

2021-2022 Michigan MBA 出願締切日およびエッセイ課題発表

Michigan Ross Full Time MBAの出願締め切り日およびエッセイ課題が発表されました!2021-2022シーズンの出願を目指す方、特に、round1を目指す方は本格的な出願準備開始ですね。

出願締切日

2011-2022は3ラウンド制になります。

Application Due Decisions Released
Round 1 Sept. 20, 2021 Dec. 8, 2021
Round 2 Jan. 10, 2022 Mar. 18, 2022
Round 3 Apr. 4, 2022 May 11, 2022
エッセイ課題

昨シーズンと同じ課題となります

Part 1: Short-answer questions

Select one prompt from each group of the two groups below. Respond to each selected prompt in 100 words or less .

Group 1
I want people to know that I:
I made a difference when I:
I was aware that I was different when:

Group 2
I am out of my comfort zone when:
I was humbled when:
I was challenged when:

Part 2: Career Goal Essay
What is your short-term career goal and why? (200 words)

詳細はこちら
https://michiganross.umich.edu/graduate/full-time-mba/admissions/admissions-blog/2021/05/28/what-you-need-know-2021-22-essay?utm_medium=Email&utm_source=ExactTarget&utm_campaign=FTMBA&utm_content=AppAnnounce&utm_term=052721

学校調査の重要性

学校調査の方法を知りたいという方、ぜひセミナーにお越しください。

【ウェビナー】2022年留学を目指す!MBA出願Strategyゼミ体験授業

Chizuko Okada

2022年入学向け:Berkeley LLM 締め切り日発表!

先日ご案内したHarvard LL.M.に続き、Berkeleyにおいても締め切り日が発表されました。

The deadline to apply for the LL.M. traditional or thesis track in fall 2022 is December 18, 2021.
https://www.law.berkeley.edu/academics/llm/application-admission/

Harvard、Berkeleyも昨シーズンと同様の締め切り日となっております。この状況から、今シーズンも主要校の締め切り日は12月に集中することが予想されます。出願締め切りを想定し、残り半年間の出願スケジュール、そして、テスト対策以外の”やらなければならないことリスト“(THINGS TO DO LIST)を作っていきましょう。

===========
1) LSACサービスの確認
2) LSACサービスの登録
3) サービスの申し込み
4) 成績表の送付手配(LSAC宛)
5) レジュメの作成
6) パーソナルステートメントの作成
7) 推薦者の選定
8) 推薦者との打ち合わせ(作業の進め方)
9) 各校の願書入力
10) 出願校の調査
============

現時点での皆さんの対策状況を踏まえ、今後の準備スケジュールを策定するためにLL.M.クイックコンサルティングを実施しております。ぜひ奮ってご参加ください!
https://www.agos.co.jp/onlineservices/modules/eventreservation/?op=view&eid=8058
https://www.agos.co.jp/onlineservices/modules/eventreservation/index.php?op=view&eid=8125
Eiki Satori

2021-2022 Harvard MBAエッセイ課題発表 Top MBAゼミシリーズでその対策をおさえる


先日の出願締切日発表に続き、2021-2022シーズンのエッセイ課題は2020-2021シーズンと変更なしであることが発表されました。正式な出願用のアプリケーションは6月中旬にアップされる予定ですが、現時点では、 Application Guideをダウンロードすることをお勧めします。

Harvard MBA Essay 

“As we review your application, what more would you like us to know as we consider your candidacy for the Harvard Business School MBA Program?” (no word limit)

2022年MBA留学に向けて 書類作成戦略と学校調査の開始の重要性

Harvardに続いて、多くの学校の募集要項やエッセイ課題が今後発表される予定です。志望校合格にむけて5月以降は準備事項が増えてきます。
正しい方法で、学校調査、書類作成戦略を練ることが、合格の質を高めるうえで重要です。

Top MBAゼミシリーズ

M7(US) Europe Top MBAに特化した出願傾向とその対策を理解するために、この度新設いたしました。
各学校の特徴を理解し、学校調査、書類作成に向けた調査をどのように進めていくか、そのアプローチ方法を理解することを狙いとします。

ゼミの中で扱う内容:
-各校の応募基準の分析
-各校の出願書類の分析
-各校の合格に必要な学校調査のアドバイス

開催日
Harvard /Stanford       5月16日 Sun 15:00-16:30
Wharton/Columbia     5月22日 Sat 15:00-16:30
Kellogg /Chicago/MIT     5月29日 Sat 13:00-14:30
INSEAD/LBS                                5月29日 Sat 15:00-16:30

詳細はこちら
https://www.agos.co.jp/pdf/TopMBASeminarSeries.pdf

ご興味のある方は、ぜひ当校までお問い合わせください。

Chizuko Okada

出願書類対策:Harvard Law School編 Part-1 推薦状の重要性

みなさん、こんにちは。前回はHarvard Law Schoolの出願締切日についてご案内いたしました。また、同校HPからは2020-21 Application Sample(昨シーズンのもの)をダウンロードすることができますので、本日はこちらの情報を用いて今後の準備を一緒に考えていきたいと思います。
https://hls.harvard.edu/content/uploads/2020/09/Sample-2021-LLM-Application.pdf

多くのアプリカントの方々からは、「テストスコア以外のことに目を向ける余裕があまりないので・・・」という声も聞こえてきそうですが、少しの作業量でも構いません。自らの出願プランに書類準備の時間設けていただけると嬉しい限りです。

APPLICATION REQUIREMENTS

You will need to upload your Personal Statement and CV/résumé and pay your application fee in order to submit the online application form. Please follow the instructions below regarding submission of your transcripts and diplomas, LSAC report (if you are using this optional service), recommendations, and official TOEFL report. You are responsible for assembling and submitting all of the credentials necessary for evaluating your application, and for making sure that all materials are received by the deadline.

同スクールへ出願する際は、大学独自の出願サイト経由で書類を受け付けていることから、Law School Admissions Council (LSAC※)の出願代行サービスは“オプション“となります。他校は、LSAC経由での出願で対応するケースが大多数を占めております。

よく読んでいくと、Harvardの注意事項として以下が見られます。
Please note: We do not accept recommendations through this service.

これは、推薦状以外の書類はLSAC経由で受領するという意味です。LSACから提出する推薦状はGeneral Type (LSACのサービス内で左記のように定義済)で、推薦文には具体的な校名にも言及せず、全校共通のものを使いまわすタイプです。そうした性質を理解した上で上記の見解を発表していることを考えますと、Harvardの出願書類における推薦状は大切な役割を担うことが想像できます。

推薦状の重要性

推薦状を通じて、出願者の強みとして何を優先して伝えるかを意識して整理することが重要です。一方で、推薦状だけで出願者の強みを伝えるわけではないので、他の書類も有効活用することも重要です。「書類の作成時期は先の話だから・・・」と作業を後回しにせず、この時期から徐々に準備を進めていくことが、推薦状も含めた質の高い出願書類を学校に提出することにつながります。

※LSAC LL.M. CREDENTIAL ASSEMBLY SERVICEとは
当サービスでは成績表(大学・法科大学院・司法研修所・交換留学先で発行された)とIELTSやTOEFLスコア、さらには推薦状を指定されたLL.M.プログラムへの提出を代行してくれます。

【Zoomにて開催】2022年トップLLM入学希望者対象  出願戦略コンサルティング個別クイックアドバイス~5月の出願戦略について~
https://www.agos.co.jp/onlineservices/modules/eventreservation/index.php?op=view&eid=8056

Eiki Satori

アジアMBA各校 日本人進学数(2020年版)

長年にわたり、「アジアMBA夏祭り」を共催させていただいているアジア留学協会の方から「主要アジアMBA各校 日本人進学数」2020年の調査結果を共有いただきました。
さらに2020年入学者の調査おに加えて、アジアMBA各校 日本人進学数(Full-time)の推移調査についても公開されております。

・日本人進学数は全体的に例年より少なめ
新型コロナウィルスの影響が出ているためか、アジアMBA全体への日本人進学数は例年より少な目です。ただし、この傾向はアジアMBAだけではなく、
全体のMBAプログラムと共通する傾向です。こちらは一過性の傾向であるので、この点は留意ください。

・年々高まるアジアMBAプログラムへの日本人進学者の増加
2011年以降の約10年にわたる日本人進学者の推移をみると、各学校により個人差はあるものの多く学校で進学者の増加がみられます。

詳細はこちら
https://asia-study.org/mba/japanese2020/

注目されているアジアMBAについて情報収集!
アジア留学協会のwebには多くのアジアMBA留学情報が満載です。ぜひアクセスしてみてください
https://asia-study.org/

Chizuko Okada

2020-2021 Columbia LLM 出願締め切り日変更 Early review option の設定を行わない方針

Columbia LLMの出願締切のポリシーの変更が発表されました。コロナウィルスの影響を受けての変更とみられます。

以前に設定されていたEarly review option の設定を行わずに、Regular roundのみの締め切りの設定に変更

The application for the 2021-2022 LL.M. Program is now available, and the deadline to submit an application is December 18, 2020.

出願結果についてのregular roundとして以下の日程での発表予定となります
Admission decisions for the 2021-2022 LL.M. Program will be sent by mid-March.

当校で直接大学のアドミッションに問い合わせを行った際の学校の回答を記します。

Thank you for your email. Due to the unique structure of this year’s program, there will not be an early review option for applicants to the 2021-2022 LL.M. Program. Instead, all admission decisions will be sent by March 15. There is no advantage to submitting applications early, other than giving LSAC more time for document processing.

最新情報は常に学校の公式websiteでご確認ください
https://www.law.columbia.edu/admissions/graduate-admissions/llm/application-process

Eiki Satori

「主要アジアMBA12校新型コロナウイルスへの対応状況」MBAオフィスへのアンケート結果

過去8年、アジア夏祭りを共同で開催している「アジア留学協会」の方から貴重な情報をシェアいただきました。調査サマリーに加えて、各校からの回答の詳細も確認することが可能です。

2021年MBA留学を目指している皆さんへ

以下コメントにもありますが、コロナウィルスの影響でテストスコアの受験が困難であるなど、各自の出願準備状況で学校に伝えた方がよい状況がある場合には、どうぞ積極的にアドミッションオフィスにコンタクトを取りましょう。

 

「主要アジアMBA各校新型コロナウイルスへの対応状況」アンケート結果

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、留学中またはこれから留学を予定している方々にも大きな影響が出ています。アジア留学協会では、アジアMBA各校の新型コロナウイルスへの対応状況を調査することで、留学検討者の過度な不安を払拭し、状況を正確に把握し受験準備に臨めるよう主要アジアMBAトップスクール12校に対してアンケート調査を実施しました。

調査サマリー

12校中3校が新学期(2020年度)の開始時期を延期

多くの学校は通常通り新学期をスタートさせる中、シンガポール国立大学、香港大学、CEIBSの3校は開始時期を延期。中でも、シンガポール国立大学は2020年度プログラム開始を5カ月延ばし、2021年1月スタートとしています。CEIBSは10月中旬にスタートを延期していますが、その前の8月中旬~10月中旬はNon-Creditの授業やアクティビティを実施しており、学生はキャンパス入りし活動を行っています。香港大学は8月初旬から9月中旬へ若干の延期となっています。

中国大陸以外、シンガポール・香港・台湾の学校は留学生もキャンパス入り

中国大陸では新型コロナウイルス(COVID-19)に係る入国制限が行われており、海外にいる留学生が入国できない状態です(※)。このような状況下で、CEIBSでは海外にいる留学生はチューリッヒ(スイス)キャンパス入りし、上海キャンパスとデュアルキャンパスでオフラインの授業を行っています。(※)2020年9月末時点

授業はハイブリッド方式、なるべく早く通常の対面方式への移行を目指す

全ての学校でオンライン/オフラインのハイブリッド方式で授業を開始しています。留学生含め学生がキャンパス入りできている学校でも、クラス内の人数制限・マスク着用など安全対策を講じ、来校を希望しない学生にはオンライン授業の参加を認めるなど、現時点ではオンライン/オフラインを併用して授業を運営しています。

しかし多くの学校では状況が改善し、全ての学生がキャンパス入りし、従来と同じ環境で授業が受けられるようになり次第、通常の対面方式への移行を目指しています。

来年度の出願・選考に大きな影響はなし。フレキシブルな出願対応も

12校中7校が来年度の出願・選考について新型コロナウイルス(COVID-19) による「影響なし」と回答しています。一部、CEIBS、香港科技大学では、例年より柔軟な出願対応を行うと表明しており、テストスコアが揃っていない状態での出願、代替・追加のAdmission Testの受付など、ケースバイケースで認められる可能性があります。また、シンガポール経営大学では語学力の評価は、Admission Testのスコアとインタビューを重視するとしています。

Chizuko Okada