TOEFL iBT® 公式アプリ、リリース!

以前にこのブログで、”Retake Policy”の変更と、午後3時開始の本試験の存在についてお知らせしました。

こうした変更点が、ETSの公式サイトで発表されています。

https://www.ets.org/toefl/better_test_experience

“Afternoon Testing”の項、及び”Reduced Retest Waiting Period”の項をご覧下さい。また、新たにモバイル端末向けの公式アプリがリリースとなります。”Google Play”と”Apple Store”から入手できます。リリースは国・地域によって時期に差があり、日本では10/2(水)に入手可能になります!

by教務部

TOEFL iBT®午後3時開始の本試験!–by教務部

生徒さんのお一人から、先週土曜(8月24日)に「午後3時開始のTOEFL iBT®本試験を受験した」という情報がありました。そこで、当校の講師がプロメトリックに電話で確認をした結果、以下の情報を得ることができました。

・8/24(土)、9/21(土)に15:00 startの試験がある(あった)

・9/21(土)15:00 startは満席の状態

・10月以降は未定

・会場は、御茶ノ水ソラシティと中津のみ

・「15:00 startの試験」実施について容易に分かる方法はなく、
プロメトリックに確認するか、個人ページでまめに確認するしかない

・「15:00 startの試験」実施理由は、受験者の増加

・平日試験の予定は、とりあえず今年度中はなし

以上、ご参考まで。

TOEFL® Retake Policyの変更 – by教務部

cieeのホームページによりますと、TOEFL iBT®本試験を再度受験する際に空けなければならない日数が中12日から中3日へと変更になりました。

https://www.cieej.or.jp/toefl/toefl/notes.html
「再度受験する場合は、受験間隔を中3日(受験日を含まず)空ける必要があります。」

なお、ETSのホームページ
(https://www.ets.org/toefl/ibt/faq/)
では現時点ではまだ変更されていませんが、今後書き換えられることと察します。

当校の講師がプロメトリックに電話をしてこの事実を先月から確認しておりましたが、上記どちらかのホームページで公式に発表されるまでは、口頭レベルのみの情報にとどめておりました。

TOEFL iBT®新フォーマット対応のTPO発売開始!

皆さん、CIEEのサイト(Online Shop)から8/1以降のTOEFL iBT®新フォーマットに対応したTPO=TOEFL® Practice Onlineが既に販売されていることはご存知ですか?

商品番号がTPO-Nとなっているので、”New”というタグ付けだと思いますが、Volumeは31になります。以下リンクのURLです。

https://www.ciee-onlineshop.jp/fs/cieeonlineshop/tpo-n

8/3以降に本試験受験を控えておられる皆さんは、是非予行演習を兼ねて活用なさってみて下さい。

米田

2019年8月よりTOEFL iBT®本試験が変更されることがETSから公式発表されました

主な変更は試験時間が約4時間から約3時間半へと短縮されることです。セクション毎の変更は以下の通りです:

  • Reading – 各パッセージの設問数が減少
  • Listening – 講義の本数が減少
  • Speaking – タスクの数が減少
  • Writing – 変更なし

詳細は以下の通りです(変更箇所は赤字で表記):

セクション

2019年7月31日以前

2019年8月1日以降

Reading パッセージ3–4本
各パッセージ12–14設問
60–80分
パッセージ3–4本
各パッセージ10設問
54–72分
Listening 講義4–6本、各6設問
会話2–3本、各5設問
60–90分
講義3–4本、各6設問
会話2–3本、各5設問
41–57分
Speaking タスク6問
・Independentタスク2問
・Integratedタスク4問
20分
タスク4問
・Independentタスク1問
・Integratedタスク3問
17分
Writing タスク2問
・Integratedタスク1問
・Independentタスク1問
50分
(変更なし)

 

*Speakingタスクは以下のように呼称が変わります:

Before After
タスク1(Ind) (削除)
タスク2(Ind) タスク1(Ind)
タスク3(Int) タスク2(Int)
タスク4(Int) タスク3(Int)
タスク5(Int) (削除)
タスク6(Int) タスク4(Int)

 

変更しない点:

  • リーディングとリスニングのquestionタイプに変更なし
  • ライティングとスピーキングの新しいタイプのタスクはなし
  • ライティングとスピーキングの採点基準に変更なし
  • ライティングとスピーキングの採点方法に変更なし
  • 試験全体のスコアに変更なし(満点120点。各セクション30点満点)
  • 問題の難易度に変更なし
  • 測られるスキルに変更なし

学習教材:

ETSは今後数か月かけて、公式ガイドなどの学習教材を改訂する予定です。しかし、8月以降の本試験で、まったく新しいquestionタイプの設問やタスクが出題されるわけではありません。ETSが発表しているとおり、ETS刊行のこれまでの教材で十分に受験準備学習ができます。

アゴス・ジャパンでは、クラス内で配布するハンドアウト類で若干の工夫が加わることもありますが、基本的に、これまで使用してきたアゴス・オリジナルのマニュアル類とETSの出版物(Official Guideなど)を継続使用して、試験対策のご指導をいたします。

まとめ:

今回の本試験の変更で、受験者が学習方法を変える必要はまったくありません。各人が目標スコアを達成するまでの期間に影響が出るものでもありません。また、TOEFLスコアを受け付ける大学や大学院側でも、今後も同じ合格基準を維持する見込みです。

本試験の総時間が短縮され、特にリーディングとリスニングの試験時間が短くなることで、一部の受験者はより集中力を維持し易いと感じるかもしれません。しかし、問題の内容や難易度に変わりはありません。

同様に、スピーキングではタスク数が減少するので、より取り組み易く感じる受験者もいるかもしれません。しかし、これは同時に、高スコアを出せる回答(レスポンス)をする機会が減少することをも意味します。

参考:

以下のサイトもご参照ください:

アゴスのウェブサイト内のブログ ”Instruction News” (TOEFL News);https://www.agos.co.jp/blog/instructor/category/toefl-news/

ETSの発表;
https://www.ets.org/toefl/better_test_experience
https://www.ets.org/s/toefl/pdf/faqs_shorter_toefl_ibt_test.pdf

(アゴス・ジャパン教務部)

The shorter TOEFL iBT ® TestのReading Passagesの長さは変わるの?― by 岡田徹也

皆さん、こんにちは。TOEFL/GMAT/GRE講師の岡田です。
本年8月1日より、TOEFL iBT® Testの試験時間が短縮されること、Reading SectionとListening Sectionの問題数が減ることがETSより発表されました。
そこで、Reading SectionのPassageの長さ、Listening SectionのLectureとConversationの長さに変更があるのかどうかをETSに問い合わせてみました。
ETSのGlobal Client RelationsのAssociate Directorという方から以下の回答を頂きましたので、共有します。

**************************
1. There is no change to the length of the Reading passages. The only change in this section is that there will be fewer questions (10 rather than 12-14) per passage.

2. There is no change in the length of the lectures in Listening. The only change in this
section is that test takers will listen to fewer lectures (3-4 rather than 4-6).

3. There is no change in the length of conversations in Listening.
**************************

Reading SectionのPassageの長さ、Listening SectionのLectureとConversationの長さに変更はないそうです。

また、8月の受験前にOfficial GuideなどでThe shorter TOEFL iBT ® Testの対策をしたい、と伝えたところ、

**************************
We don’t have a date yet for the publication of a new Official Guide. However, all existing test preparation materials can continue to be used as the shortened test has no new item types and the additional length of the practice tests can provide useful practice for test takers.
**************************

という回答でした。
残念ながら、8月までにOfficial Guideが改訂されることはなさそうですが、現在のOGで対策はできそうです。

TOEFL iBT® Listeningセクションの変更点(′19年8月以降)

今年8/1以降のフォーマット変更に伴い、R・L・Sの各セクションがどのように変わるのか、受験者の皆さんは関心を寄せておられることと思います。

Speakingセクションの変更点に関しては、先日加藤講師がETSに問い合わせて公式回答を得て、本ブログにUPしてくれました。https://www.agos.co.jp/blog/instructor/2019/05/30/toefl-ibt-speakingchange/

Listeningセクションの変更点について、私から情報をお伝えします。Conversationの出題数は変わらず、Lectureの出題数が減ることで全体の問題数が少なくなりセクションの割り当て時間が短くなることが発表されています。

ETSからの新形式についてのリリースは以下の通りです。https://www.ets.org/toefl/better_test_experience

3–4 lectures, 6 questions each
2–3 conversations, 5 questions each
41–57 minutes

…ということは、採点されないダミーのセットがあることはこれまで通りですが、従来《Conversation→Lecture①→Lecture②》=1セットだった訳ですが、Lecture数が減らされることにより、この形以外のセットが出題されることが考えられます。そこで、8/1以降の本試験においては、ConversationとLectureがどのような順番で出題されるのか、ETSに問い合わせてみました。

ETSのGlobal Education DivisionのGlobal Client Relations担当の方から回答を頂きましたので、以下に共有します。

=========================================================

With the new shortened, there are five possible order combinations that a test taker might see in the Listening section:

 

①Conversation + lecture / conversation + lecture + lecture

②Conversation + lecture + lecture / conversation + lecture

③Conversation + lecture / conversation + lecture / conversation + lecture + lecture

④Conversation + lecture / conversation + lecture + lecture / conversation + lecture

⑤Conversation + lecture + lecture / conversation + lecture / conversation + lecture

 

In all cases, the test taker will only get one conversation that is followed by two lectures.  All other conversations will be matched with one lecture.

=========================================================

…という回答でしたので、我々アゴス教務部の予想通り、《Conversation→Lecture》というショートセットと《Conversation→Lecture①→Lecture②》というロングセットが混在することになります。

米田

TOEFL iBT® SpeakingセクションではTask 1と5がなくなります(本年8月から)- by 加藤正人

こんにちは。

先日教務部からのお知らせとして、本年8月1日以降に、TOEFL iBT®本試験の試験時間と問題数が削減されることをお知らせいたしました。

そこで、Speakingセクションに関して「Task 1と5がなくなる」という噂が関係者の間で飛び交っていたため、私から直接ETSにこの件を問い合わせてみました。
そうすると、ETSのGlobal Client RelationsのAssociate Directorという方から、「確かに、削除するのはTask 1と5である」という明確な返答が来ました。

以上、お知らせいたします。

Why background knowledge is vital for TOEFL®/IELTS success

Do you ever feel that your performance on the TOEFL® or IELTS test ‘depends on the topic’? If topics you know about and are interested in come up, you get a higher score, but when you get unfamiliar or boring topics, your score goes down.

Well, a lot of students complain about this, so it seems that having some knowledge about the common TOEFL®/IELTS topics can affect your score. Of course, the makers of TOEFL®and the makers of IELTS would argue that you don’t need any specialist knowledge of any topic to perform  well in the tests. However, it certainly makes things quicker and easier and gives you more confidence if you know something about the topics in the test you’re taking.

In some cases, you can even answer questions without reading or listening. Here are a couple of examples of reading questions from the TOEFL® Official Guide (5th Edition) that I answered correctly without reading a word of the texts. Take a look at this one – can you get the correct answer?

Topic: Politics/History (from Practice Test 1, The Official Guide to the TOEFL® Test, Fifth Edition, p. 226)

3. The author mentions “bankers and investors” in the passage as an example of which of the following?

A. The Democratic Party’s main source of support

B. The people the Democrats claimed were unfairly becoming rich

C. The people most interested in a return to a simple agrarian republic

D. One of the groups in favor of Andrew Jackson’s presidency

If you know anything about US politics, and the history of the Democratic and Republican parties, you can assume that “bankers and investors” are unlikely to support the Democratic party. I don’t know anything about Andrew Jackson (I’m not American, so have never studied American presidents!), but I assume he’s a Democrat because it seems this question is focusing on the Democratic party. So this means A and D are unlikely to be correct. Using common sense, it’s pretty obvious that bankers would not support a return to a ‘simple agrarian republic’, so the correct answer must be B.

Now try this one:

Topic: Geography (from Practice Test 1, The Official Guide to the TOEFL® Test, Fifth Edition, p. 240)

6. According to paragraph 3, one cause of mountain formation is the

A. effect of climatic change on sea level

B. slowing down of volcanic activity

C. force of Earth’s crustal plates hitting each other

D. replacement of sedimentary rock with volcanic rock

I haven’t studied geography since I was 15, but I’m pretty sure that the only option that makes any sense is C.

Now of course, answering questions without reading/listening is not always possible, and you shouldn’t imagine that becoming an expert in a wide range of subject areas is guaranteed to get you a high score in TOEFL and IELTS. Your English study and test preparation are still absolutely essential.

However, increasing your background knowledge about the common TOEFL and IELTS topics can really help you to answer questions more quickly and give you more confidence. In the Speaking and Writing sections, you’ll be able to think of ideas and opinions much more quickly and easily to give better answers.

This is why our new Essential English course is topic-based – to help you  improve your English study and test skills while increasing your background knowledge. If you’d like more information, why not come to a free demonstration lesson of the Essential English course? I’d be happy to let you experience a lesson, and to answer any questions you have about English or test preparation.

You can register for a free demonstration lesson here on these dates in April:

Saturday 6th April, 14:30-16:00

Saturday 13th April, 15:00-16:30

Saturday 27th April, 15:00-16:30

*Before coming to the demonstration lesson, take a look at the following sentence – it has some common Japanese learner mistakes. Can you spot them?

‘Overtime working can have a bad effect to workers’ mental.’

After the demonstration lesson, I’ll explain what the mistakes are, and how to express this idea using natural, high level English.

See you soon!

Mike Thundercliffe, Manager Curriculum and Instruction, Agos Japan

For more information about English study, please visit the Essential English home page here.

How long does it take to improve your English?

This is the question everyone wants to know, but is extremely difficult to answer because there are so many variables. For example, your current level, your past experience of learning, how much time you have to study and practice, how stressed you are with your work, what family commitments you have etc., etc. However, let’s look at some rough guidelines.

Unfortunately, the makers of TOEFL and the makers of IELTS don’t provide any guidance on this. Probably, they don’t want to make promises they can’t keep (because of the variables I mentioned earlier). But we can use the CEFR level system to make some estimates (that’s the Common European Framework of Reference for Languages, a system for assessing language levels. Wikipedia entry is here.)

One level of CEFR is approximately 20 points on the TOEFL, and about 1 band in IELTS. On average, to achieve that kind of improvement, it would take around 160-180 hours of guided study. That means learning in the classroom with a teacher on a structured program covering language development and four skills work, with additional self-study that is guided by the teacher.

So if you study English in class for 3 hours a week, and do 6 hours of guided self-study, then that’ll take about 4 to 5 months.

I’m not promising you can do that of course – again, there are too many variables  to guarantee anything. So to make that kind of progress in such a short time means you really have to work hard, not miss any lessons, do all the self-study, and be able to focus for the whole period of study.

But it is possible.

If you’d like more information about your English study, why not come to a free demonstration lesson – we can have a chat about English study after the class.

You can register for a free demonstration lesson here on these dates:

Saturday 30th March*, 15:00-16:30

Saturday 6th April, 14:30-16:00

*Before coming to this lesson, take a look at the following sentence – it has some common Japanese learner mistakes. Can you spot them?

‘Overtime working can have a bad effect to workers’ mental.’

After the demonstration lesson on March 30th, I’ll explain what the mistakes are, and how to express this idea using natural, high level English.

Hope to see you soon!

Mike Thundercliffe, Manager Curriculum and Instruction, Agos Japan

For more information about English study, please visit the Essential English home page here.