The shorter TOEFL iBT ® TestのReading Passagesの長さは変わるの?― by 岡田徹也

皆さん、こんにちは。TOEFL/GMAT/GRE講師の岡田です。
本年8月1日より、TOEFL iBT® Testの試験時間が短縮されること、Reading SectionとListening Sectionの問題数が減ることがETSより発表されました。
そこで、Reading SectionのPassageの長さ、Listening SectionのLectureとConversationの長さに変更があるのかどうかをETSに問い合わせてみました。
ETSのGlobal Client RelationsのAssociate Directorという方から以下の回答を頂きましたので、共有します。

**************************
1. There is no change to the length of the Reading passages. The only change in this section is that there will be fewer questions (10 rather than 12-14) per passage.

2. There is no change in the length of the lectures in Listening. The only change in this
section is that test takers will listen to fewer lectures (3-4 rather than 4-6).

3. There is no change in the length of conversations in Listening.
**************************

Reading SectionのPassageの長さ、Listening SectionのLectureとConversationの長さに変更はないそうです。

また、8月の受験前にOfficial GuideなどでThe shorter TOEFL iBT ® Testの対策をしたい、と伝えたところ、

**************************
We don’t have a date yet for the publication of a new Official Guide. However, all existing test preparation materials can continue to be used as the shortened test has no new item types and the additional length of the practice tests can provide useful practice for test takers.
**************************

という回答でした。
残念ながら、8月までにOfficial Guideが改訂されることはなさそうですが、現在のOGで対策はできそうです。

TOEFL iBT® Listeningセクションの変更点(′19年8月以降)

今年8/1以降のフォーマット変更に伴い、R・L・Sの各セクションがどのように変わるのか、受験者の皆さんは関心を寄せておられることと思います。

Speakingセクションの変更点に関しては、先日加藤講師がETSに問い合わせて公式回答を得て、本ブログにUPしてくれました。https://www.agos.co.jp/blog/instructor/2019/05/30/toefl-ibt-speakingchange/

Listeningセクションの変更点について、私から情報をお伝えします。Conversationの出題数は変わらず、Lectureの出題数が減ることで全体の問題数が少なくなりセクションの割り当て時間が短くなることが発表されています。

ETSからの新形式についてのリリースは以下の通りです。https://www.ets.org/toefl/better_test_experience

3–4 lectures, 6 questions each
2–3 conversations, 5 questions each
41–57 minutes

…ということは、採点されないダミーのセットがあることはこれまで通りですが、従来《Conversation→Lecture①→Lecture②》=1セットだった訳ですが、Lecture数が減らされることにより、この形以外のセットが出題されることが考えられます。そこで、8/1以降の本試験においては、ConversationとLectureがどのような順番で出題されるのか、ETSに問い合わせてみました。

ETSのGlobal Education DivisionのGlobal Client Relations担当の方から回答を頂きましたので、以下に共有します。

=========================================================

With the new shortened, there are five possible order combinations that a test taker might see in the Listening section:

 

①Conversation + lecture / conversation + lecture + lecture

②Conversation + lecture + lecture / conversation + lecture

③Conversation + lecture / conversation + lecture / conversation + lecture + lecture

④Conversation + lecture / conversation + lecture + lecture / conversation + lecture

⑤Conversation + lecture + lecture / conversation + lecture / conversation + lecture

 

In all cases, the test taker will only get one conversation that is followed by two lectures.  All other conversations will be matched with one lecture.

=========================================================

…という回答でしたので、我々アゴス教務部の予想通り、《Conversation→Lecture》というショートセットと《Conversation→Lecture①→Lecture②》というロングセットが混在することになります。

米田

TOEFL iBT® SpeakingセクションではTask 1と5がなくなります(本年8月から)- by 加藤正人

こんにちは。

先日教務部からのお知らせとして、本年8月1日以降に、TOEFL iBT®本試験の試験時間と問題数が削減されることをお知らせいたしました。

そこで、Speakingセクションに関して「Task 1と5がなくなる」という噂が関係者の間で飛び交っていたため、私から直接ETSにこの件を問い合わせてみました。
そうすると、ETSのGlobal Client RelationsのAssociate Directorという方から、「確かに、削除するのはTask 1と5である」という明確な返答が来ました。

以上、お知らせいたします。

TOEFL iBT®️本試験が変わります – by 教務部

本年8月1日より、TOEFL iBT®️本試験が以下の点で変わることが、ETSから公式発表されました:

 

(1)試験時間が短縮されます

現在4時間ほどの試験時間が3時間半ほどになります。

 

(2)問題数が減ります

下記がその内訳です:

Reading Section: 全部で3~4パッセージ出題される点は変わりませんが、1パッセージにつき12~14設問だったところが10設問になります。セクション全体の解答時間は54〜72分です。

Listening Section: 会話1本につき5設問、講義1本につき6設問の点は変わりませんが、講義が4~6本だったところが3~4本になります。(会話は2~3本のままです。)

Speaking Section: 全部で6タスクだったところが4タスクになります。その内訳は、Independent taskが2本から1本へ、Integrated taskは4本から3本へと減少します。

Writing Section: 変更なし。

 

以上ですが、より詳しくは下記のETSサイトをご参照ください:

https://www.ets.org/toefl/better_test_experience

 

 

 

How long does it take to improve your English?

This is the question everyone wants to know, but is extremely difficult to answer because there are so many variables. For example, your current level, your past experience of learning, how much time you have to study and practice, how stressed you are with your work, what family commitments you have etc., etc. However, let’s look at some rough guidelines.

Unfortunately, the makers of TOEFL and the makers of IELTS don’t provide any guidance on this. Probably, they don’t want to make promises they can’t keep (because of the variables I mentioned earlier). But we can use the CEFR level system to make some estimates (that’s the Common European Framework of Reference for Languages, a system for assessing language levels. Wikipedia entry is here.)

One level of CEFR is approximately 20 points on the TOEFL, and about 1 band in IELTS. On average, to achieve that kind of improvement, it would take around 160-180 hours of guided study. That means learning in the classroom with a teacher on a structured program covering language development and four skills work, with additional self-study that is guided by the teacher.

So if you study English in class for 3 hours a week, and do 6 hours of guided self-study, then that’ll take about 4 to 5 months.

I’m not promising you can do that of course – again, there are too many variables  to guarantee anything. So to make that kind of progress in such a short time means you really have to work hard, not miss any lessons, do all the self-study, and be able to focus for the whole period of study.

But it is possible.

If you’d like more information about your English study, why not come to a free demonstration lesson – we can have a chat about English study after the class.

You can register for a free demonstration lesson here on these dates:

Saturday 30th March*, 15:00-16:30

Saturday 6th April, 14:30-16:00

*Before coming to this lesson, take a look at the following sentence – it has some common Japanese learner mistakes. Can you spot them?

‘Overtime working can have a bad effect to workers’ mental.’

After the demonstration lesson on March 30th, I’ll explain what the mistakes are, and how to express this idea using natural, high level English.

Hope to see you soon!

Mike Thundercliffe, Manager Curriculum and Instruction, Agos Japan

For more information about English study, please visit the Essential English home page here.

Why your English (probably) isn’t good enough to get 100 in TOEFL/7.0 in IELTS

If you’re struggling to reach 100 in TOEFL or 7.0 in IELTS, there’s a strong possibility that it’s not just your strategy that you need to work on. You probably also need to improve your English.

Of course, you may have been lucky and had some great English teachers at school, or you may have had the opportunity to study abroad. But for most Japanese people, even if you went to good schools, your English probably didn’t get to a high enough level to achieve top scores in the TOEFL or IELTS tests. But why is that?

Well, there are two fundamental problems – how you studied, and what you studied.

At school, you probably had English lessons where the students were quite passive – a lot of listening to the teacher, a lot of grammar translation, and a lot of vocabulary tests. This means that you probably have a lot of knowledge of English, which is good, but TOEFL and IELTS are not just testing your knowledge. These tests assess how you can use English in realistic scenarios that you will encounter when you study abroad.

The range of English vocabulary and grammar you studied at school was probably also too narrow, too basic, and quite unnatural. Here’s a real example from a student showing some common problems:

‘My trip to Kyoto was good because I could enjoy various dishes.’

This sentence has several problems:

  1. ‘My trip to Kyoto was good.’ – this is not grammatically wrong, but it sounds a little unnatural. Native speakers are more likely to use a different expression, the word ‘good’ is very common and basic, and native speakers would usually use stronger language to express this idea, like this: ‘I had a fantastic time in Kyoto.’
  2. ‘because I could enjoy various dishes.’ – here, there is some direct translation from Japanese, ‘various’ is used wrongly, and ‘dishes’ sounds unnatural when used in this context. This is better: ‘mainly because of the great food.’

So this sounds much more natural and high level:

‘I had a fantastic time in Kyoto, mainly because of the great food.’

If you can already produce this kind of sentence, then you’re probably at the right level to get 100 in TOEFL or 7.0 in IELTS. If not, you might need to work on your English!

 

If this sounds like you, then check out the second in our series of videos about our new ‘Essential English‘ course here. You’ll find another useful example of how to change your English there.

You can join the Essential English course from April 6th 2019.

The course is specially for TOEFL and IELTS students who are currently scoring 70-89 (TOEFL), or 5.5-6.0 (IELTS) who need to improve their English. The classes are very active and lively – so you’ll get plenty of opportunity to use the language you’re learning, and get feedback from your teacher.

For more information, please visit the Essential English home page here. You can also register for a free demonstration lesson here on these dates:

Saturday 16th March, 14:30-16:00

Saturday 30th March, 15:00-16:30

Saturday 6th April, 14:30-16:00

Hope to see you soon!

Mike Thundercliffe, Manager Curriculum and Instruction, Agos Japan

Why improving your English is key to increasingTOEFL and IELTS scores

Hi, this is Mike, and in this blog post I’m going to explain why improving your English is probably the key to improving your TOEFL or IELTS test scores, and to introduce a new course we’re developing to help you achieve your goals.

If you’re taking TOEFL or IELTS, you may have experience of ‘hitting a plateau’. This is when your score stops going up for an extended period of time. You keep practicing and taking the test, but your score just doesn’t change. It’s a very common problem, but why does it happen?

Basically, when this occurs it’s usually because you’ve reached your limit in terms of your English. It’s important to remember that TOEFL and IELTS are (very accurate) measures of your English level. So if your knowledge of English and ability to use it are too low, you’re not going to increase your test scores beyond your limit, even if your strategy is really good.

To help students overcome this issue, the Curriculum and Instruction team at Agos is currently developing and piloting a new course called ‘Essential English‘, which you can join from April 6th 2019.

We’re designing the course specially for TOEFL and IELTS students who are currently scoring 70-89 (TOEFL), or 5.5-6.0 (IELTS) who need to improve their English.

If this sounds like you, then check out the first in our series of videos about the course here. For more information, please visit the Essential English home page here. You can also register for a free demonstration lesson here on these dates:

Saturday 16th March, 14:30-16:00

Saturday 30th March, 15:00-16:30

Saturday 6th April, 14:30-16:00

Hope to see you soon!

Mike Thundercliffe, Manager Curriculum and Instruction, Agos Japan

 

‘Coffee Chat’ Event – Speed Chatting: a great chance to practice speaking – by Mike Thundercliffe

Hi everyone, Mike here. I hope you’re not suffering too much from the summer heat, and found some time to relax during obon!

On August 06, we had our first student ‘coffee chat’ event based on the concept of ‘speed chatting’. This was a free event, and was designed to give Agos students some extra speaking practice in a relaxed environment. It was great to see everyone chatting confidently and having fun, and the teachers enjoyed it too!

What’s ‘speed chatting’?

Basically, the speed chatting format allows students to speak as much as possible, and to work with different students and teachers. It went like this:

  • We had three groups of four/five students, each with a native speaker teacher in the group (me, Danny Robinson and Jim Giguere joined this event).
  • A question (similar to TOEFL Independent Task 1 and 2, or IELTS Part 1 questions) was put up on the screen.
  • First of all, the students had a chance to listen to the teacher answering the question.
  • Then, each student spoke in turn.
  • After each student spoke, the teacher gave some detailed feedback.
  • Each student had the opportunity to talk about the same topic twice.
  • Then we mixed everyone up into new groups, and changed the topic.
  • We had tea, coffee and snacks throughout the two-hour event.

What did the students think?

Here’s some of the feedback from the participants:

  • “It was very helpful to get lots of feedback, and there were a lot of chances to listen as well. It was a very productive time!”
  • “It was a good chance to practice as I don’t have much opportunity to speak to native English speakers and get feedback.”
  • “This session helped me to find some things I didn’t know about, such as linking words and phrases together.”
  • “It was great! I hope this event takes place more frequently. The open, relaxed environment enabled me to join the conversation, and it helped me to build up my confidence.”
  • “By having this opportunity to speak casually, I was pleased that I could find my weakness. Now I know what I need to study more.”

 

 

Are we going to do it again?

Definitely! We are going to run the event on Friday 08 September at 19:00-21:00. The event is open to anyone who has already taken or is currently studying on a TOEFL Speaking Strategy/23 Toppa course, or IELTS Speaking Core/Advanced course. The maximum number of participants will be 16, so please register soon if you’re planning to attend. You can do that here:

Hope to see you there!

Mike

TOEFL iBT ® Reading Sectionで安定的に28点以上取るために ― by 岡田徹也

皆さん、こんにちは。TOEFL/GMAT/GRE講師の岡田です。TOEFL iBT ®で100点突破を目指している方は多いと思いますが、Reading Sectionで安定的に28点以上が出せる力を身に付けることで100点突破の可能性は大いに高まります。私はReading Practice Advancedというクラス(安定的に28点以上のスコアを出すことを目的としたクラス)を担当することが多いので、今回は「Reading Sectionで28点以上を取るために鍵となること」についてお話ししたいと思います。

1. 時間配分
「時間との戦いを制する者がReadingを制する」と言っても過言ではありません。クラスの初日に課題分析をしていただくのですが、ほとんどの方が「時間配分が上手くいかないこと」を課題に挙げます。この課題克服のための一つの方法が、28点以上を取る人と同じようなペースで読み・解きする感覚(体内時計)を身に付けることです。例えば、クラスでは、私が実際に解いたペースとほぼ同じペースで問題にチャレンジする、という演習を行っています。初めてこの演習を行うと、ご自身が普段解いているペースと異なるため慌ててしまい実力が発揮できない方がいます。しかし、この練習を数回行っていくと28点以上を取る人のペースにも慣れ、多くの方はクラスの最終日には28点以上を取る人と同じような時間配分で読み・解きする感覚(体内時計)を身に付けています。なかなか独学で同じようなことをするのは難しいですが、一つの方法として、「10分経過の時点で7番目または8番目の問題を解いている」、「最後から2番目の問題(Insert Test Question)と最後の問題(Prose Summary Question/Fill in a Table Question)を残り3分で解く」という2点を意識しながら演習を行うと良いでしょう。

2. Question Types
ETSが公表しているQuestion Typesは10個ありますが、28点以上を安定的に取れる方は苦手なQuestion Typesというものがありません。「24点~26点は取ったことはあるが、なかなか28点を越えない」という方は、例えば、以下のような課題があることが多いと思われます。
・後半に出題されるFactual Information Questionsの正答率が低い
・Rhetorical Purpose Questionsで簡単に解答できる問題とそうでない問題がある
・Sentence Simplification Questionsでハイライト文が長いと正答率が低い
・Insert Text Questionsは正解を知った後で考えれば分かるのに、自力で解くとなかなか上手くいかない
・Prose Summary Questionsの正答率が安定しない
まずは苦手なQuestion Typesを把握することが大切ですが、ここでは課題克服のためのコツの一部をお話ししましょう。例えば、Prose Summary Questionsの正答率が安定しない方は「本文に記載がある些末な情報が書かれている肢」を選ぶ傾向にあります。本文に記載がある情報だと選びたくなりますよね。しかし、要約として「些末な情報」は不適切です。では、「些末な情報」と「要約として適切な情報」をどのように見分ければいいのでしょうか? 一つの方法としては、選択肢を見比べながらどちらが些末な情報かを考えます。Prose Summary Questionsには、「正解となる情報」と「それを具体的に説明している情報(本文に記載がある些末な情報)」の両方が選択肢になっている場合があります。

「Reading sectionで28点以上を取るために鍵となること」についてまだまだお話ししたいのですが、あまり長くなるのもどうかと思いますので(すでに長いかもしれませんが)、今回はこの辺りで失礼します。私のブログの内容が少しでも皆さんの目標達成にお役に立てたら嬉しいです。

TOEFL iBT®: Campus Conversationのススメ — by 松園保則

皆さん、こんにちは。新しくなったブログでは初めて登場する、TOEFL/IELTS講師の松園です。

前のバージョンのブログでは、TOEFL iBT®の「アカデミック」なコンテンツを何度か書きました。久しぶりに書く今回のブログでは、角度を変えて「Campus Conversation」について触れてみたいと思います。

TOEFL iBT®は「アカデミックな題材」という印象が強く、TOEFL iBT®に関する話題の中で影を潜めているのが「Campus Conversation」です。Campus Conversationとは、The Official Guide to the TOEFL® Test Fourth Edition p. 14の“Conversations in an Academic Setting”に該当するもので、Listeningにおいて2~3題、Speakingにおいて2題(Task 3&5)登場します。

私はアゴス渋谷校でTOEFL Listening関連のクラスを長年担当していますが、このCampus Conversationに対して苦手意識がある生徒さんが案外多いと日頃感じています。また、TOEFL対策において、講義形式の題材を優先してCampus Conversationを後回しにしている方も見かけます。講義形式に対する対策が大事なのは言うまでもありません。ただ、私としては、Campus Conversationを苦手とする方はもちろん、これから留学するかどうか悩んでいる方や、日常会話独特の言い回しをたくさん知りたい方などにも、Campus Conversationの題材を使った学習を強くオススメしたいと思っています。以下に、その理由をいくつか挙げてみます。

* * * * *

1. 生の会話の速度に慣れることができる
Campus Conversationでは、2人の登場人物がある話題について3分程度会話をし続けます。その速さは、(英語圏を中心とした)留学先で繰り広げられる会話の速さとだいたい同じくらいだと私は感じています。Listeningに不慣れな方でCampus Conversationの題材を初めて聞くと「とにかく速い!」という印象を持たれる可能性が高いでしょう。そういった題材の音声を聞いたり、音声を聞きながらその音声をまねて後を追うように発する(これは「シャドーイング」という練習法です)といった練習を繰り返すうちに、自然とCampus Conversationの速度にも慣れてきます。結果として、「生」の会話の速度に対して「速い!」という印象が薄らいでくることが期待できます。

2. 留学生活を疑似体験できる
Campus Conversationでは、大学生(または大学院生)を主人公とした、キャンパスライフに関する話題が数多く登場します。履修手続き、講義やディスカッションの準備、コンピューターラボの使い方、寮生活におけるトラブルなどがその典型例です。このような話題に多く触れることは、別の見方をすると「留学生活を疑似体験している」ことになります。TOEFL iBTを受ける方のほとんどは、「今後留学すると決めている方」や「この先留学を検討中の方」だと思いますから、Campus Conversationの題材を通じて、「自分が留学するとこんなことが起こるんだなぁ」、「こんな問題点が起こったらこう対処してみよう」といった発見に繋がり、モチベーションアップも期待できます。

ちなみに、TOEFL Listening Campus Conversationでは、抱えている問題点に対して話し相手の女性に呆れられる男子学生や、4年生なのに1年生の授業を履修していなかった男子学生などの「ダメ男子」がよく登場します(笑)。

3. 口語独特の言い回しを多く学べる
Campus Conversationでは、口語独特の言い回しがよく使われていて、中には読んでも意味がつかみにくく感じるものも登場します。例えば、The Official Guide to the TOEFL® Test Fourth Edition p. 144で以下のようなセリフが出て来ます。

Professor:
How far along have you gotten?

皆さん、これがどのような意味かわかりますか?

これは、学生があるレポートの相談をするために教授に会いに来た場面で使われています。その際、教授が学生に対して「(そのレポートは)どのくらい進んでいますか?」と聞いているのが、先ほどの文の意味です。なお、far alongは「(プロジェクトなどが)進んでいる」という意味の表現です。

このような表現に遭遇した場合、単に「へぇ、そうなんだぁ」と感じて終わるのではなく、自分の身体の中にすり込むかの如く何度も発してみましょう。そして、すり込んだ表現を皆さんが英語で話す時に積極的に使ってみましょう。すると、「あの時覚えた表現を自分が使えている!」といった喜びを感じられるはずです。

ちなみに、TOEFL iBT Listeningの過去問を分析する中で、”get the hang of(…のコツを掴む)“という表現に遭遇したことがあります。この表現は、私がイギリスの大学院に留学していた頃に、論文の指導教官に対して授業に関する相談をメールでやりとりしていた中で、自分が考えたアイデアに対して指導教官が”You’ve gotten the hang of them, Yasu!(ヤス、コツを掴んだわね!)と返答してくれた時に使われていた表現です。留学中に指導教官からいただいた表現に何年も経過した後にTOEFLの過去問で遭遇するというのは、この仕事をしているからこそ起こることなのだろうと感じています。

* * * * *

「生の会話の速度に慣れることができる」、「留学生活を疑似体験できる」、「口語独特の言い回しを学べる」といった良さを噛み締めながら、Campus Conversationの題材を是非ともフル活用していただきたいと願っています。